ライフハック堂

今日から使える・すぐに役立つライフハック集

美容健康

フケが出る原因は乾燥?ストレス?改善方法と注意点を解説

毎日しっかりと髪を洗っているはずなのに、上着の首回りや肩にフケが付いてしまう——。
このような悩みを抱えている人は、男女問わず決して少なくありません。
フケが付いてしまうことに対して「体質だから仕方がない」とあきらめてしまっていませんか?
この記事では、フケが出る主な原因と、その改善方法について解説しています。
フケが出る悩みを解決する方法を探している方は、ぜひ参考にしてください。

フケが出やすくなる3つの主な原因

フケが出やすい・出にくいのは、体質に左右される面があるのは事実です。
しかしながら、体質だけでなく生活習慣や生活スタイルを見直すことで改善できることもあります。
まずは、フケが出やすくなる主な原因について確認しておきましょう。

頭皮が乾燥しがちになっている

フケの正体は頭皮の古くなった「角質」です。
私たちの肌は日々新陳代謝を繰り返していますので、古くなった肌が剥がれ落ちるのは誰にでも起きていることです。
ところが、頭皮が乾燥しがちになっていると、通常の状態以上に角質がポロポロと剥がれやすくなり、フケが増える原因となります。
とくに乾燥肌の人は、冬場になるとフケが増えるように感じている人もいるはずです。
冬場は空気が乾燥しやすく、暖房器具の使用などによって室内でも湿度が低くなりやすいのです。
夏場でもクーラーの効いた部屋に長くいると空気が乾燥しやすいため、フケが出る原因となっている場合があります。
フケが多くて悩んでいる人は、まずは頭皮の乾燥を疑ってみましょう。
加湿器を使うなどして室内の湿度を適切に保ったり、日差しの強い日は帽子を被ったりすることで、頭皮の乾燥を抑える効果が期待できます。

ストレスで体に負荷がかかっている

仕事や人間関係でストレスを感じやすい状態が続いていると、体にも影響を及ぼすことがあります。
強いストレスを感じた時期に肌が荒れたり、ニキビなどの肌トラブルが表れたりする人もいるのではないでしょうか。
頭皮も皮膚の一部ですので、ストレスによって体に負荷がかかっている状態では影響を受けることが考えられます。
睡眠不足(眠りが浅いことも含む)や不規則な食生活も、体に負荷をかける原因となります。
フケは体の変化として比較的見えやすい現象ですが、フケが多く出るということは見えないところで体に負荷がかかっていることも考えられます。
気分転換を図ったり、できるだけ睡眠時間を確保したりと、体に負荷がかかりにくい状況を作ることが大切です。

整髪料やコンディショナーの洗い流し不足

フケの原因は乾燥だけではありません。
頭皮には常駐菌がおり、頭皮の汚れをエサにして有害な物質を出します。
これが頭皮のニオイやフケの原因となっていることが考えられます。
角質だけでなく、整髪料やコンディショナーが付いたまま十分に洗い流せていない場合も頭皮の汚れの原因となります。
油分の多いワックスやヘアスプレーを使っている人は、シャンプーで洗っているつもりでも洗い残している可能性があります。
また、コンディショナーを十分にすすいでいない場合も、頭皮の汚れとして残ってしまうことになります。
洗髪した後のすすぎが不十分になっていないか、洗い方やすすぎ方を見直してみるのも1つの方法です。

フケが出やすい状態を改善するメリット

フケは出るよりも出ないほうがいいと感じる人が大半のはずです。
では、フケが出やすい状態を改善できると、どのようなメリットがあるのでしょうか。
フケが少なくなる・出なくなることで得られるメリットは、大きく分けて3つあります。

清潔感が増し、印象がよくなる

フケが髪の毛や上着の首回りや肩に付いている状態は、清潔感を損なう原因となってしまいます。
とくにダーク系の上着をよく着るビジネスパーソンの場合、フケが上着に付いていると非常に目立ちます。
不潔な印象を持たれてしまうと、気づかないところで仕事や人間関係に悪影響を与えることになりかねません。
フケが少なくなる・出なくなることによって清潔感が増し、身近な人に与える印象を改善することができます。
前に述べたとおり頭皮の角質は誰でも剥がれ落ちるので、フケが全く出ない人はいません。
問題は、フケの量が多く目立ってしまうことにあります。
フケの量が少なくなるだけでも、人に与える印象を大幅に改善することができるのです。

フケが付いていないか気にしなくてよくなる

フケが多いことを気にしている人の中には、上着にフケが付いていないか四六時中気にしている人がいます。
事あるごとに肩や首回りを払ったり、上着を一度脱いでチェックしたりといった行動が習慣になっている人もいるはずです。
しかし、このような行動は手間がかかるだけでなく、見た目にもあまり良いものではありません。
「付いていたフケを払っている」と気づくと、嫌悪感を抱く人も少なからずいるのです。
フケを減らすことができれば、フケが付いていないか気にする必要がなくなります。
そのため、心理的にも負荷が減るだけでなく、見た目も改善することができるのです。

頭皮の健康を保ちやすくなる

フケが目立つほど多く出ているということは、何らかの頭皮のトラブルを抱えていることを意味しています。
フケが減る・出なくなることによって、頭皮全体の健康を保ちやすくなるのもメリットの1つといえるでしょう。
とくに頭皮にかゆみを感じている人や、抜け毛に悩んでいる人にとって、頭皮の健康を維持することは有効な対策の1つとなる可能性があります。
フケが目立たなくなることは、頭皮の健康が保たれていることを示すバロメーターでもあるのです。

フケを出にくくするにはどうすればいい?

フケを出にくくするために対策を講じることは重要ですが、間違った対策をしてしまうとかえって頭皮の健康を損なう場合があります。
フケを気にするあまり過度に洗髪したり、抜本的な対策を講じずに放置したりしていると、ますますフケが増えてしまうことにもなりかねません。
そこで、フケを出にくくするために有効とされる3つの対策について解説します。

洗髪の方法を見直す・洗いすぎないようにする

フケを減らすために有効な対策として筆頭に挙がるのが、髪の洗い方です。
シャンプーは地肌を中心に洗うためのものですので、爪を立てず指の腹を使って頭皮全体をまんべんなく洗いましょう。
洗髪ブラシを使って洗い残しを防ぐのも有効な方法の1つです。


洗髪の方法を見直すと言っても、洗いすぎるのも問題です。
強くこすり過ぎると頭皮を傷めてしまい、さらに頭皮のトラブルを引き起こす原因となることがあります。
また、何度もシャンプーをしたり、1日に何度も髪を洗うようなことをしていると、かえって頭皮の乾燥を招いてしまう場合があります。
洗髪は適度に、適切にすることが重要です。

洗髪した後は、シャンプーやコンディショナーを確実に洗い流すようにしましょう。
コンディショナーは髪になめらかさを与える効果がありますので、ぬめりが取れないような感じがするかもしれません。
少なくとも、頭皮の付近でコンディショナーが洗い残されていることがないよう、しっかりと頭皮全体を洗い流すことが大切です。

生活習慣を見直して体に負荷をかけないようにする

飲酒や喫煙、不規則な食生活、睡眠不足といった生活習慣も、体に負荷をかける原因となります。
肌は体の異変を察知し、肌トラブルとなって表れます。
食事はバランスよく摂り、好きなものばかり食べたり、脂っこいものに偏ったりすることのないように注意しましょう。
就寝前に深酒をすると、よく眠れるどころか睡眠が浅くなりやすいので要注意です。
フケを気にしている人はどうしても頭皮に注意を向けがちですが、体全体の健康を維持することにも気を配ることが大切です。

毎日使っているシャンプーを見直す

一般的なシャンプーでも、適切に洗髪していればフケを防ぐ効果はあります。
ただし、現状フケが多いと自覚している人や、しっかりと洗っているにも関わらずフケが減らない人は、毎日使うシャンプーを見直すことも選択肢に入れておきましょう。

フケの原因菌の増殖を抑える効果のあるスカルプシャンプーを使うことで、フケやかゆみを軽減させることができます。
皮膚薬を作り続けてきた持田ヘルスケア コラージュフルフル スカルプシャンプーがおすすめです。

 

頭皮のかゆみやニオイが気になる人には、LIAリア薬用スカルプシャンプーがおすすめです。


フケ・かゆみのケアに加えて、頭臭ケアにも効果がありますので、頭皮の健康を保つのに役立ちます。

もちろん、こうしたシャンプーを使う場合にも正しい洗髪の仕方を守ることはとても重要です。
洗い残しや洗いすぎに注意して、適切に使用することを心がけましょう。

まとめ

フケが多い・目立つことは、日常生活の中にさまざまな影響を与えます。
体質だから仕方がない、とあきらめてしまわず、改善できることは改善していくことが大切です。
フケの悩みから解放されて、いきいきとした暮らしを送れるようになることを願っています。

  • この記事を書いた人
アバター

Ash.

キャリア、教育系ジャンルを主に執筆しているWebライターです。ライフハック堂では書いてみたいジャンルを含めて実験的に記事を書いています。お仕事のご依頼・ご相談はお問い合わせフォーム、Twitter、または「運営者情報」のメールアドレスまでお願いします。

人気記事TOP3

1

スマホの保護フィルムが必要ないと言われる5つの理由をまとめました。

2

スマホを買い換えたとき、気分を変えたいとき、スマホケースを選ぶのは楽しいですよね。 でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 ケースを買ってスマホに付けてみたら「思った ...

3

仕事をしている中で,たった数行のメールで済む用件でもわざわざ電話してくるような人はいませんか?明らかにメールよりも電話が好きなんだろうな,と思えてしまうこともあるでしょう。メールより電話を好むのは,な ...

-美容健康
-, , ,

Copyright© ライフハック堂 , 2021 All Rights Reserved.