ライフハック堂

今日から使える・すぐに役立つライフハック集

ガジェット

純正以外で断線しにくいiPhoneケーブルのタイプ別見分け方

iPhoneユーザーにとって悩ましい問題の1つにLightningケーブルがあります。

LightningケーブルはAppleの独自規格のため、iPhoneに付属のケーブルが断線してしまったら他の機器で使っているUSB-Cなどのケーブルでは代用できません。

「iPhoneの充電ケーブルなら100均で売っているのでは?」と思った人は要注意。

実は、きちんとしたケーブルを使わないと最悪の場合iPhoneの故障やバッテリーの劣化につながる恐れがあるのです。

かと言って、Apple純正のケーブルは高価なので、気軽に買い換えるわけにもいきません。

そこで、Apple純正以外でも断線しにくく、問題なく使えるケーブルについてまとめました。

iPhoneのケーブルを買い換えるときに知っておきたいこと

iPhone用のケーブルはAmazonなどのオンラインショップやコンビニなどでも見かけるようになりました。

しかし、中にはAppleによって認証されていない品質のものや、使っているうちにすぐ断線してしまうような品質のものも混ざっています。

まずは、iPhoneのケーブルを買い換えるときにチェックすべきことを整理しておきましょう。

MFi認証に適合したケーブルか必ず確認する

MFiとはMade For iPhoneの略です。

この商品はiPhoneやiPadに使用できるとAppleが認証したものです」という意味になります。

iPhoneのケーブルを買い換えるときには、必ずこのMFi認証マークが付いた商品かどうかをチェックしましょう。

逆の言い方をすると、MFi認証マークが付いていない商品を使い続けた場合、iPhoneの故障やバッテリーの劣化が起きたとしても保証はできませんよ、という意味です。

MFiマークが付いていない商品でもiPhoneを充電できる(ように見える)ことがありますが、通電性などの性能面でAppleが推奨する性能に達していないことが考えられます。

このような粗悪品を使っていると、iPhone本体が異常に熱くなったり、バッテリーの寿命が短くなったりすることにもなりかねませんので十分注意しましょう。

断線しにくい構造になっているか確認する

あまりに安すぎるケーブルを買うと、短期間ですぐに断線してしまったり、接触不良を起こしたりすることがあります。

これは製品としての耐久性に問題があるために起こる現象です。

安いケーブルなら、壊れたらまた買い換えればいい、と思うかもしれませんが、買いに行く手間や買い換えのたびにかかる費用を考えると、多少高くても品質の良いケーブルを買ったほうが結果的にお得だったりします。

何より、断線して接触不良を起こしているようなケーブルを使っていると、きちんと充電されなかったり、最悪の場合は火災につながったりすることもありますので、しっかりと耐久性のあるケーブルを使うことはとても重要です。

Apple純正以外で断線しにくいケーブルの見分け方

製品の質や耐久性に問題のないケーブルを買うために最も確実な方法は純正品を選ぶことです。

しかし、純正品はそれなりに高いため、気軽に買い換えるわけにいかないと感じる人も多いはずです。

純正以外で断線しにくいケーブルを見分けるには、次の3つの視点で商品を見分けるようにしましょう。

ジャック部分が補強されているかどうか

ケーブルの断線が最も起こりやすいのは、iPhone本体とケーブルをつなぐジャック部分です。

充電するたびにケーブルを付け外しするため、力が加わりやすく壊れやすいのがジャック部分なのです。

このジャック部分が補強されて頑丈な作りになっているか、そういった工夫がされた商品かどうかを、まずは見た目で確認しましょう。

下の商品はAmazonベーシックというAmazonのオリジナルブランドですが、ジャックの根本が補強され、断線しにくくする工夫が施されています。

Amazonベーシックは購入後1年間の保証を付けていますので、ユーザーに長く使ってもらうことを想定し、自信を持って作っている製品だと分かります。

ケーブル部分が補強されているかどうか

ケーブル(線)そのものが補強されているかどうかも重要なポイントです。

ケーブルは曲げたり束ねたりして使うものなので、繰り返し曲げられているうちに断線しやすくなります。

下の商品はケーブルを超高耐久ナイロン素材で補強していますので、ケーブルそのものが頑丈で断線しにくくなっています。

ただ、ケーブルが補強されている分、どうしてもケーブルが堅く頑丈になりますので、束ねてコンパクトしにくくなるのは難点です。

頑丈さを重視したい人は、ケーブルが補強されているタイプを選ぶといいでしょう。

ケーブルに曲がりやすい素材が使われているか

ケーブルがしなやかで曲がりやすい素材になっていると、断線を防止する上で効果があります。

とくにデスク回りなど限られたスペースで使用したい人にとって、ケーブルが自在に曲げられることはとても重要なポイントです。

下の商品は一見すると細いケーブルが使われていますが、純正の約3倍の耐久性があることが折り曲げテストから分かっています。

曲げやすいからと言って断線しやすいわけではなく、しなやかなので繰り返し曲げても耐えられるようになっているのです。

ケーブルの取り回しやまとめやすさにこだわりたい人は、しなやかな素材のケーブルを選ぶといいでしょう。

まとめ

たかがケーブル、と思ってしまいがちですが、実はiPhoneのケーブルは意外と奥が深いのです。

せっかく買い換えるのなら、壊れにくく品質も安心して使えるものを選びたいですよね。

今回紹介してきた観点を参考にして、ぜひ長く使えるiPhoneのケーブル選びに役立ててください。

  • この記事を書いた人
アバター

Ash.

キャリア、教育系ジャンルを主に執筆しているWebライターです。ライフハック堂では書いてみたいジャンルを含めて実験的に記事を書いています。お仕事のご依頼・ご相談はお問い合わせフォーム、Twitter、または「運営者情報」のメールアドレスまでお願いします。

人気記事TOP3

1

スマホの保護フィルムが必要ないと言われる5つの理由をまとめました。

2

スマホを買い換えたとき、気分を変えたいとき、スマホケースを選ぶのは楽しいですよね。 でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 ケースを買ってスマホに付けてみたら「思った ...

3

仕事をしている中で,たった数行のメールで済む用件でもわざわざ電話してくるような人はいませんか?明らかにメールよりも電話が好きなんだろうな,と思えてしまうこともあるでしょう。メールより電話を好むのは,な ...

-ガジェット

Copyright© ライフハック堂 , 2021 All Rights Reserved.