ライフハック堂

今日から使える・すぐに役立つライフハック集

勉強・学習

小学校が休校で子供が勉強しない!? タブレットなら楽しんで学べる!

コロナ騒動で学校が休校になり、子供がもう長らく学校へ行っていない・・・。
このような状況で、子どもたちは自宅で勉強せざるを得ない状況になっています。
ところで、子どもの自宅での過ごし方はいかがでしょうか?
ちゃんと勉強していますか?
家で子どもが勉強しない」という悩みをお持ちの方に、悩みの原因と解決方法について提案します。

小学生の自宅学習で困ること言えば・・・

これまで平日の日中は毎日学校へ行っていた子どもたち。
コロナ騒動で暮らしが一変し、ずっと家で過ごすことになってしまいました。
突然のことですから、自宅で自学自習するよう言われても、どうやって勉強すればいいか分かりませんよね。
まずは、小学生が自宅学習する場合に困ってしまう原因について整理していきましょう。

机に向かわない・ドリルやワークを広げない

子どもは好きなこと・興味のあることには熱中しますが、そうでないことには見向きもしません。
問題集やドリルを与えて「やっておきなさい」と言っても、子どもにとっては「おもしろくない」「やりたくない」という気持ちのほうが先に出てしまいます。
ただ、この気持ちは子どもとしてごく自然なものです。
「どうしてうちの子は勉強しないのだろう?」と悩む必要はありません。
まして、無理矢理に勉強させるようなことをすれば、いっそう勉強嫌いにさせてしまいます。
自分から机に向かおうとしないのは、子どもとして自然な姿だと理解しましょう。

何から始めればいいのかが分からない

保護者の方が「何か勉強させなければ」と思っても、一体何から始めればいいのか分からないことも多いはずです。
思いつくこととしては、おそらく「教科書を読んでおく」「漢字・計算ドリルを進めておく」ことぐらいでしょう。
理科や社会となると、何を使ってどう勉強させたらいいのか見当もつかないかもしれません。
学校の授業は文部科学省が定めた学習指導要領によって方針が示され、教科書会社はこれに則って先生用の「年間指導計画」を作ります。
この年間指導計画によって、1学期に何をどこまでやっておくのか、目安が分かるようになっているのです。
年間指導計画は教科書会社のホームページで閲覧することができます。
しかし、保護者の方々が年間指導計画を見て「今はこの勉強をやる時期だ」と全教科調べるのは大変です。

集中力が続かない

子どもをうまく机に向かわせることができたとしても、それで万事解決ではありません。
とくに小学生は30分と集中力がもたない場合がほとんどです。
それもそのはずで、学校の授業が1時限45分なのですから、1時間も自習するのは大変なことなのです。
学校に行っていれば、時間割に沿って毎日4時間、5時間と勉強していたはずです。
これを自宅でやろうとすると、集中力をもたせるのがほとんど不可能なことは想像に難くありません。
どう勉強してもらうか、ということも大切ですが、勉強をどう持続してもらうか、という点も非常に重要になるのです。

自分から勉強しない場合はタブレット学習がおすすめ

子どもは「本を読む」「ノートにえんぴつで書く」ことにはあまり興味を示しませんが、タブレットなどのICT機器は喜んで使う傾向があります。
今の子どもたちは生まれたときからデジタル機器に囲まれて暮らしてきましたので、大人が考える以上にICTへの抵抗感がないのです。
タブレットやスマホと聞くと、どうしても「動画」「ゲーム」などのイメージがありますが、ここは発想を変えて「タブレットで勉強してもらう」ことにしてはいかがでしょうか?

タブレット学習がおすすめの子どものタイプ

タブレットによる学習が向いているのは、次のようなタイプの子です。

  • スマホやタブレットが好き
  • Switchなどのゲームが好き
  • 集中力が続かない

もし、これらの特徴に1つでも当てはまるようなら、タブレットによる学習をはじめてみてはいかがでしょうか。

タブレット学習「スマイルゼミ」がおすすめな3つの理由

タブレットで勉強すると言っても、勉強以外の動画やゲームが自由にできてしまう端末を与えれば、どんな結果になるかは目に見えています。
そこで、タブレットで勉強することに特化した「スマイルゼミ」をご紹介します。

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

学習専用に開発されたタブレット

スマイルゼミのタブレットは、学習専用に開発された端末です。
電源を入れると、すぐに学習コンテンツが起動しますので、動画やゲームの誘惑に駆られることがありません。


また、タブレット自体の大きさやタッチペンでの書きやすさなども、子どもが使用する端末として扱いやすいよう配慮されています。

一人ひとりに「ミッション」が与えられる

スマイルゼミでは、使用する子ども一人ひとりに合わせて「ミッション」を生成してくれます。
これは、子どもの学習状況と全国の標準的な学習パターンを照合して作られる学習プログラムで、スマイルゼミ独自のシステムです。


たとえば、間違えた問題を優先的に出題して苦手を克服したり、遅れている教科のプログラムを多めに表示してくれたりするので、保護者の方々が時間割や学習内容を考える必要がありません。

音やアニメーションで飽きずに学習できる

ふだんからアニメや動画を見慣れた子どもたちにとって、紙の教材の動かない図やイラストは退屈なものに映るかもしれません。
スマイルゼミでは、視覚に訴えることで楽しく学べるアニメーションや、音声で聞かせることで学習効果を高められるコンテンツを多数用意しています。


紙に印刷された文字をひたすら目で追い続けるよりも、飽きずに楽しく、かつ効果的に学習を進めることができます。

まとめ

ふしぎなもので、子どもたちはタブレット教材を通して学ぶことにあまり抵抗がありません。
スマイルゼミのタブレット教材は、こうした子どもたちの特徴を上手にとらえ、無理なく学びに向かってもらうための仕組みを提供してくれます。
無料の資料請求で詳細を見ることができますので、まずは検討してみてはいかがでしょうか。
きっと、新しい学びの見通しが立つはずです。

人気記事TOP3

1

スマホの保護フィルムが必要ないと言われる5つの理由をまとめました。

2

スマホを買い換えたとき、気分を変えたいとき、スマホケースを選ぶのは楽しいですよね。 でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 ケースを買ってスマホに付けてみたら「思った ...

3

仕事をしている中で,たった数行のメールで済む用件でもわざわざ電話してくるような人はいませんか?明らかにメールよりも電話が好きなんだろうな,と思えてしまうこともあるでしょう。メールより電話を好むのは,な ...

-勉強・学習
-, ,

Copyright© ライフハック堂 , 2020 All Rights Reserved.