ライフハック堂

今日から使えるライフハック集

ライフスタイル

【新型コロナ】マスクの予防効果について整理しよう

新型コロナウイルスが話題になるにつれて、マスクが手に入りづらい状況が続いています。

誰しも病気には罹りたくありませんから、予防する方法があるのなら予防したいと考えるのは当然です。

では、マスクによって新型コロナウイルスは本当に予防できるのでしょうか。

コロナウイルスの感染経路やマスクの効果について、今いちど整理してみましょう。

新型コロナウイルスの感染経路とは?

まず、新型コロナウイルスの主な感染経路について理解しておく必要があります。

コロナに感染するのは「接触」によるものが最も可能性が高いとされています。

つまり、ウイルスが付着している場所に指や手で触れ、その指で目をこすったりすることで粘膜からウイルスが侵入するわけです。

この感染経路に「マスク」は関係していません。

仮にマスクをしていたとしても、たとえば次のようなケースではウイルスに感染する可能性が十分にあります。

「会社に出勤してエレベーターのボタンを指で押し、その指で目をこすった」

「ファストフード店のテーブルに手で触れた後、その手でハンバーガーを食べた」

これらは、もの→手→粘膜という経路でウイルスが侵入している可能性がある事例と言えます。

マスクの予防効果とは?

では、マスクは全く予防効果がないかと言うと、もちろんそうではありません。

ただし、マスクの予防効果はかなり限定的と考えたほうがいいでしょう。

すでにウイルスに感染している人が咳やくしゃみをした場合、見えない大きさの唾液の飛沫が空気中に飛散されます。

この飛沫には、当然のことですがウイルスが含まれています。

目の前でくしゃみをされて、その飛沫が顔にかかったりしたら、目や鼻の粘膜を通して感染するリスクが大いにあります。

そのため、ウイルスに感染している可能性がある人は、必ずマスクをするべきです。

では、肝心な予防効果は?という点についてですが、空気中に漂っているウイルスや細菌を防ぐ効果はそもそもマスクにはほとんどありません。

なぜなら、細菌やウイルスはマスクの繊維の目よりもずっと小さいので、ザルで小麦粉の侵入を防ごうとするのと同じような状態になっています。

つまり、マスクをしていても細菌やウイルスは「自由自在に」マスクの内外を行き来できるのです。

前で述べた通り、コロナウイルスは空気感染よりも接触による感染に注意を払うべきであって、そもそもマスクで感染を完全に防ぐことはできません。

ただし、免疫力が落ちている人、そもそも体調が悪い人はコロナウイルスに感染しやすい状態になりますので、周囲の人に風邪をうつしたりすることがないよう、マスクで咳やくしゃみの飛沫を防いだり、マスクによって保湿したりすることには一定の効果があるでしょう。

かえって逆効果になるマスクの使い方とは?

マスクをしていれば安心・・・と思っている人は要注意です。

マスクの間違った使い方は、かえって感染のリスクを高めてしまうことがあるからです。

たとえば、「顎マスク」はコロナウイルスの感染リスクをわざわざ高めるような危険な行為です。

コロナウイルスは物や皮膚の表面に付着したウイルスが目や鼻、口などの粘膜から体内に侵入することで感染します。

コロナウイルスは物の表面に数時間から数日間、留まり続けると考えられています。

つまり、不特定多数の人が触れるものの表面には、それなりに高い確率でコロナウイルスが付着しています。

おそらく、私たちの「顔」の皮膚にもコロナウイルスは付着しているのです。

顎マスクは、顔の表面に付着したウイルスをマスクの内側にべったりと付け、わざわざ口や鼻の目の前に持ってくる、非常にリスクの高い行為なのです。

マスクは外したら都度新しいものに取り替えるのが正しい使い方です。

どうしても再利用したい場合は、内側にしめったガーゼを当てておき、ガーゼを取り替えるなどするといいでしょう。

間違っても、顎にマスクをずらして、そのマスクを再び装着するようなことはしてはいけません。

まとめ:マスクでコロナウイルスは防げない

コロナウイルスは、その感染経路から見て、マスクを付けることで感染を防ぐことは難しいと考えたほうがいいでしょう。

しかし、マスクを付けることで自分の咳やくしゃみが周囲に唾液の飛沫をまき散らすのを防いだり、保湿によるインフルエンザ予防の効果は期待できます。

顎マスクのような間違ったマスクの使い方は、感染のリスクをかえって高める原因になりますので、絶対にやめましょう。

超おすすめ!格安SIMランキング

格安SIM(MVNO)を利用すれば、月々のスマホ代を大幅に節約できることを知っていますか?

ライフハック堂が自信をもっておすすめできる格安SIMをランキングで紹介します。

スマホ代を節約したい人は、検討してみる価値ありです!

1位 LINE MOBILE

  • 格安SIMなのにLINEのID検索ができる!
  • SNSのデータ使用量をカウントしない「データフリー」で節約!
  • docomo・au・SoftBankの回線に対応!

2位 IIJ mio

  • docomoとauの回線が選べる!
  • みおフォンダイヤルで通話料が半額に!
  • 充実した家族プランでお得!

3位 UQモバイル

  • 安さと知名度で人気急上昇中!
  • はじめての格安SIMでも安心!
  • スマホ本体とのセットプランでさらに安く!

人気記事TOP3

1

スマホの保護フィルムが必要ないと言われる5つの理由をまとめました。

2

スマホを買い換えたとき、気分を変えたいとき、スマホケースを選ぶのは楽しいですよね。 でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 ケースを買ってスマホに付けてみたら「思った ...

3

仕事をしている中で,たった数行のメールで済む用件でもわざわざ電話してくるような人はいませんか?明らかにメールよりも電話が好きなんだろうな,と思えてしまうこともあるでしょう。メールより電話を好むのは,な ...

-ライフスタイル
-,

Copyright© ライフハック堂 , 2020 All Rights Reserved.