ライフハック堂

今日から使える・すぐに役立つライフハック集

ファッション ライフスタイル

くせ毛の人がうまくヘアスタイルを作る3つのコツ

生まれつきくせ毛の人にとって、ヘアスタイルを整える毎朝の時間は「闘い」です。

とくに雨の日は、せっかく整えた髪型がすぐにもとのくせ毛に逆戻り。

髪がまとまらなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

くせ毛の人がうまくヘアスタイルを作るには、どんなコツがあるのでしょうか?

コツその1:テンションをかけながら髪を乾かす

髪を洗った後、ドライヤーで乾かすときに、ちょっとしたコツをつかむことで髪がまとまりやすくなります。

髪を少しずつ束にして指に挟み、適度にテンション(引っぱる力)をかけながら乾かします。

長さのある人なら、顔側に向けて適度に引っぱりながら乾かすと効果的です。

ドライヤーの風は上から当て、吹き出し口を近づけすぎないようにしてください。

こうすることで髪の表面を覆うキューティクルが整えられ、髪がまとまりやすくなるのです。

コツその2:定期的にトリートメントする

髪の傷みは、まとまりにくくなる原因となります。

毎日でなくてもいいので、定期的にトリートメントすることで髪をケアし、パサつくのを防ぎましょう。

髪をドライヤーで乾かすときは乾きにくい根本から風を当てていき、毛先側と根本側を同時に乾かし終えられるようにします。

温風を近づけすぎたり、同じ箇所に長く風を当てすぎたりすると、髪を傷めますのでやめましょう。

くせ毛の人は髪にドライヤーを当てすぎる傾向があるので、とくにトリートメントを意識的に取り入れて、ふだんから髪を傷めないように気をつけることが大切です。

コツその3:油分が多めのワックスを使う

くせが出やすいのは、髪が濡れている状態のときです。

塗れた髪は本来の状態に戻るため、もともと直毛の人はよりまっすぐになり、くせ毛の人はより強くくせが出るのです。

そのため、水分が多いジェルなどを使うと、ジェルをつけているうちにくせが戻ってしまう原因になります。

整髪料は油分が多めのタイプのものを使うのがコツです。

ワックスであれば、ツヤが出るタイプには水分が多めに入っていることがあります。

どちらかと言えばマット系の、ツヤが出にくいタイプのものを選ぶといいでしょう。

ツヤを出したいけれどもくせが出るのはイヤだ、という場合は、油分だけでできているグリスを使うのも手です。

  • この記事を書いた人
アバター

Ash.

キャリア、教育系ジャンルを主に執筆しているWebライターです。ライフハック堂では書いてみたいジャンルを含めて実験的に記事を書いています。お仕事のご依頼・ご相談はお問い合わせフォーム、Twitter、または「運営者情報」のメールアドレスまでお願いします。

人気記事TOP3

1

スマホの保護フィルムが必要ないと言われる5つの理由をまとめました。

2

スマホを買い換えたとき、気分を変えたいとき、スマホケースを選ぶのは楽しいですよね。 でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 ケースを買ってスマホに付けてみたら「思った ...

3

仕事をしている中で,たった数行のメールで済む用件でもわざわざ電話してくるような人はいませんか?明らかにメールよりも電話が好きなんだろうな,と思えてしまうこともあるでしょう。メールより電話を好むのは,な ...

-ファッション, ライフスタイル
-

Copyright© ライフハック堂 , 2021 All Rights Reserved.