ライフハック堂

今日から使える・すぐに役立つライフハック集

美容健康

痩せにくい人が無自覚にやっている3つのこと

皆さんの中には、こんなふうに感じている人はいないでしょうか。

「太らないように気をつけているのに痩せない。きっと体質なんだろう」

「自分はもともと痩せにくいほうなのかもしれない」

たしかに体質的に太りにくい人、痩せにくい人がいるのは事実です。

でも「体質」と割り切ってしまうのは、まだ少し早いかもしれません。

次の3つのうち、思い当たるものはありませんか?

1.空腹でなくても食事を摂ることがある

出された食べ物は全て食べてしまわないと失礼にあたると思い、つい食べ過ぎてしまったという経験はありませんか?

食事は1日3食、規則正しく食べたほうがいいと思い込んでいませんか?

お腹が減っていないのに食べたり、常に身の回りに食べ物が置いたりするのは、典型的な「痩せない」習慣です。

お腹がパンパンになって苦しくなるほど食べたりしていると、自分の中で「満腹」の感覚が鈍っていきます。

空腹を感じていないのにさらに食べること自体が、食べ過ぎの状態を作り出す原因になっているのです。

2.「ながら食べ」をすることが多い

食事のときにテレビをつけるのが習慣になっていませんか?

食べながらスマホを見るのがくせになっていないでしょうか?

こうした「ながら食べ」をすると、食べること以外に神経を使っているために、食事に対する満足感が下がりやすくなります。

噛む回数が少なくなる傾向があるため、消化吸収の面でもよくない影響を及ぼしやすいのです。

結果的に食べ過ぎたり、満足度が低いために間食の誘惑に駆られやすくなったりと、「ながら食べ」をするとろくなことがありません。

味だけでなく、食事の香りや見た目、咀嚼するときの音なども五感で感じ取りながら食べることで、食事への満足感が増し食べ過ぎを抑える効果が期待できます。

3.睡眠不足になりがち

睡眠不足は体に負担をかけるだけでなく、ストレスを増加させる原因にもなります。

脳が「危機」状態と判断して、体を守るためのさまざまな指令を出します。

その1つが「食べる」ことなのです。

無性に脂っこいものが食べたくなったり、味の強いものやアルコールを求めたりするのも、睡眠不足によるストレスが原因かもしれません。

とくに深夜に食事をして時間を空けずに就寝する、といった習慣は消化器官にも負担をかけやすく、眠りが浅くなるリスクも抱えているため要注意です。

まとめ

痩せにくいと感じている人は、

  • お腹がすいていなければ無理して食べない
  • 食事に集中し、五感を使いながら食べる
  • 睡眠をできるだけしっかりとる

これらの習慣を意識的に身につけていきましょう。

  • この記事を書いた人
アバター

Ash.

キャリア、教育系ジャンルを主に執筆しているWebライターです。ライフハック堂では書いてみたいジャンルを含めて実験的に記事を書いています。お仕事のご依頼・ご相談はお問い合わせフォーム、Twitter、または「運営者情報」のメールアドレスまでお願いします。

人気記事TOP3

1

スマホの保護フィルムが必要ないと言われる5つの理由をまとめました。

2

スマホを買い換えたとき、気分を変えたいとき、スマホケースを選ぶのは楽しいですよね。 でも、種類が多すぎてどれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。 ケースを買ってスマホに付けてみたら「思った ...

3

仕事をしている中で,たった数行のメールで済む用件でもわざわざ電話してくるような人はいませんか?明らかにメールよりも電話が好きなんだろうな,と思えてしまうこともあるでしょう。メールより電話を好むのは,な ...

-美容健康
-

Copyright© ライフハック堂 , 2021 All Rights Reserved.