ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




辞める?続ける?転職するべきか判断する5つのポイント

辞める?続ける?転職するべきか判断する5つのポイント
終身雇用が崩壊し、転職がめずらしいことではなくなってきた昨今、「今の仕事をずっと続けていていいんだろうか?」「こんな理不尽な職場、辞めてしまいたい」と思うこともあるでしょう。転職は慎重に検討すべき問題ですが、場合によっては早く決断したほうがいいいこともあります。ここでは、いまの仕事を辞めたほうがいいのか、続けたほうがいいのか、判断するための5つのポイントを挙げてみます。

辞めたい理由を解消する方法は本当にないか

今の職場に何らかの不満があり、それが理由で辞めたいと思っている人は、まずその不満な点を解消する方法が本当にないのかを考えてみましょう。「絶対にない!」と決めつけてしまわず、見方を変えてさまざまな手段を考えてみることが大切です。
たとえば、部署異動を願い出ることはできないでしょうか。あるいは、上司に不満があるとすれば、上司か自分のどちらかが数年内に異動になる可能性はないでしょうか。会社の業績が悪化しているのであれば、何とか打開策を考えて売上を伸ばすことはできないでしょうか。そういったことを1つ1つ検証し、考え抜いた末に「やはり辞めるしかない」という結論に達したのであれば、本当に辞めるべきときなのかもしれません。まずは結論を急がず、今の職場で続ける方法がないかを真剣に考えてみましょう。

条件が今より悪くなっても変わりたいか

転職によって年収がアップした!という成功例もあれば、反対に給与や勤務時間などの待遇が悪くなることも考えられます。今よりも規模の大きな企業や知名度の高い企業へ行けば待遇が良くなるかと言えば、必ずしもそうとは限らないので注意が必要です。
たとえば、激務によって既に体に変調をきたしている場合や、過大なストレスで心のバランスを崩しそうなときなどは、たとえ給与が下がったとしても無理なく働ける職場へ移ったほうが、長い目で見たときによかったと思えることもあります。反対に、今現在の収入や労働条件に大きな不満がない場合、その待遇を捨ててでも職場を変わりたいのか、よく自問自答してみる必要があります。

どこでも起き得る問題で悩んでいないか

人間関係がうまくいかないといった悩みを抱えている場合や、同業種であればどこも似たような問題を抱えているような場合は、転職先でまた同じことについて悩む可能性があります。一時の逃げではなく、職場を変えることで根本的に解消できる問題なのか、冷静に考えてみましょう。
特に人間関係が主な理由で転職を希望する場合、転職希望者自身に対人関係上の何らかの問題があるのではないかと考える採用担当者も少なくありません。職場が変わっても、どこでも1人や2人は癖が強い人や、自分とはそりが合わない人がいるものです。プライベートで趣味に打ち込んだり、スポーツで体を動かしたりすることでストレスを解消する方法を考えるなど、自分なりの上手なメンタルマネジメントを摸索していきましょう。

今の職場でやれることは全てやり切ったか

前向きな転職になるかどうかの1つのバロメーターとして、今の職場でやれることは全てやり切ったかどうか?があります。まだやり残していることや、やれるはずのことがあるにも関わらず転職活動を始めると、面接でそこを突っ込まれる可能性があります。採用する側も、入社後に短期間で辞められてしまうと困るからです。
反対に、今の職場で続けていったとしても、新しいチャレンジをしたり大きく成長したりといったことが見込めないのが明らかな場合、先延ばしにせず早めに転職したほうがいい場合もあります。責任感の強い人ほど、自分が辞めると周囲に迷惑が及ぶと考えて時期を見計らったりしますが、会社というものは案外、誰かが辞めても回っていくものです。今がタイミングと思ったら、早めに行動するように心がけましょう。

やりたいことが明確にあるか

やりたいことが明確にあり、今の仕事ではそれが達成できないと分かっている場合は、自分のビジョンや思いをぶつけられる企業を探すべきです。多くの企業の採用担当者は、単に生活のために働く人よりも、はっきりとした目的を持って自分から動ける人に来てほしいと思っています。
ただし、「やりたいこと」が短期間で変わりやすい人や、「やりたいこと」の範囲が広すぎる人は敬遠されがちなので注意しましょう。

まとめ

転職は甘くありません。失敗することも考えられます。しかし、1社にずっと勤め続けている人に比べると、転職して複数の職場を経験した人のほうが、職場を客観視することができる傾向があるのも事実です。今こそ転職するタイミングと思ったら、積極的に動いてみるのもひとつの手です。後悔しない選択ができるように、5つのポイントをぜひ使ってみてください。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top