ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




これだけはNG!ドン引きされるモテない行動・考え方トップ5

これだけはNG!ドン引きされるモテない行動・考え方トップ5
ちょっといいかも…、と思っていた人のイヤな一面を目にしたことで、百年の恋も冷めてしまうことがあります。異性から見てNGの行動や考え方は、同性からも見ても見苦しいもの。気づかないうちに恋愛のチャンスや友情までも失うことがないよう、常日頃から気をつけておきたいNGの行動・考え方をまとめました。

5位:人をうらやむ、ねたむ

頑張っている人や、成功している人、恵まれた環境にいる人を目にすると、ついねたんで悪態をついてしまう。もちろん、うらやましい気持ちの裏返しなのですが、素直に「すごいね」「頑張っているね」と認められないと、ひねくれ者だと思われがちです。こういったコンプレックスを異性は鋭く見抜いているものです。
「自分も頑張ろう」「できることからやっていこう」といった前向きな人は、周囲にもエネルギーを与えます。反対に、「あの人といると何か疲れる」と言われないよう、ポジティブな思考を心がけましょう。

4位:すぐ逆上する、キレる

怒りっぽい人やすぐにイライラする人とは、できるだけ関わりたくないと感じるのが人心。デートの最中にも、歩き回って疲れたときや、慣れない場所へ出かけたときなどは特に注意が必要です。遊園地の待ち時間などにケンカになるカップルが多いのも、イライラがつのってしまうことが大元の原因だったりします。
つい怒りっぽくなってしまう人は、一呼吸おいてから喋ることや、深呼吸して気持ちを落ち着けるトレーニングをしましょう。日頃から心がけていると、いざというときにも冷静さを保つことができるようになるものです。
なお、突然キレる人に対しては、嫌悪感を通り越して恐怖心を感じる人もいますので、別れの直接の引き金となり得ます。キレるのは相手への依存や甘えの変形とも言われています。親しい相手であっても気を抜きすぎることがないよう、少々の緊張感を持って接するようにしましょう。

3位:弱い立場の人に強く出る

よく言われるのは、飲食店などで店員さんに対して横柄な態度を取るといったパターンです。相手が言い返しにくいことを知っていて、あえて強い態度に出るのは卑劣です。反対に、どのような場面でも話す相手に対して丁寧に接する人に対しては、育ちの良さを感じる人も多いようです。
社会的な立場や役割は、いつ変わるか分かりません。どんな人に対しても分け隔てなく接する姿勢からは、気持ちの余裕や誠実さが感じられ、同性・異性を問わず好感を持たれるものです。誰に対しても上下関係で考えることなく、ひとりの人間として接するようにしたいものです。

2位:ケチ、お金に執着する

たとえば、料理のおいしさを値段で判断したり、外食に行ったら常にきっちりと割り勘にしたりといった行動を見て、「この人ケチだ」「お金に汚い人だ」と感じると、急激に気持ちが離れていってしまうことがあります。高い料理ならおいしいに違いないと考えている人よりも 、心からおいしいと感じ、楽しく食事ができることに喜びを感じられる人のほうがずっと魅力的です。
ちなみに、ケチというのと、節約が上手というのは、似て非なるものです。きちんと調べて比較検討してから買ったり、店頭で衝動買いせずしばらく考えてから購入する人は、地に足が付いていてしっかりしているという印象を与えます。それでいて、使うべきところでは惜しみなく使うと、判断力や決断力が加わり、より頼りがいのある人と思われるのです。

1位:無意識のうちに男尊女卑

特に男性は注意が必要なこととして、自分でも意識していないところで男性のほうが女性よりも上だと思い込んでいる場合があります。これとは明確に区別しておきたいのが、頼りがいのある男性が魅力的だという点です。車道側を歩いたり、ドアを率先して開けるといった行動を見て、頼りがいがあると感じる女性は多いようです。反対に、料理は女性の仕事と決めつけたり、女性はものを知らないと思い込んでいる男性は、女性を低く見ていると思われますし、かえって女性からバカにされてしまいがちです。
重要なのは、相手を大切にしていることが行動に表れているかどうかです。車道側を歩いたり、重い物をさりげなく持ったりする「行動」からは、頼もしさと優しさを感じます。反対に、「俺は何でも知ってる」と言わんばかりの口ぶりで話す人は、口先だけの男だと思われてしまうのです。相手を大切に思う気持ちが、自然と行動に表れていることが大切なのです。

まとめ

周囲に人が寄ってきて、同性からも異性からも人気がある人は、裏表がなく自然体でいられる人が多いような気がしませんか。完璧な人などいないのですから、まずは自分の言動を振り返ってみて、良くないと思ったことを1つずつ直していきたいものです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top