ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




円満に辞められる退職理由の伝え方

円満に辞められる退職理由の伝え方

会社を辞めるときのハードルの1つに退職の切り出し方があります。

よほどのことがない限り、無理矢理にでも仕事を続けさせることなどできないはずですが、退職理由によっては「説得しだいで引き留めておけそうだ」と判断されてしまうことも考えられます。

ムダな引き留め方をされず、しかも円満に辞めるにはどうしたらいいのでしょうか。

悪い例 その➀:退職理由が不平不満

どうして退職したいの?と聞かれて、ここぞとばかりに職場や上司に対する不平不満を並べ立てる人がいますが、これはおすすめできません。

なぜなら、「不満があるから辞めたい」ということは、裏を返せば「その不満が解消されれば続けられる」とも捉えることができるからです。

不満を訴えるということは、まだその職場に対して期待を失っていないことを意味しています。

そのため、退職を切り出された上司は「改善する」「努力する」といった返答をするに留め、退職の申し出を承諾するところまで行き就かない可能性があるのです。

悪い例 その②:退職理由が抽象的

退職理由が「ふわっとしている」ような場合も、引き留められる原因になりやすいので注意が必要です。

代表的な例としては、職場の人間関係を理由に辞めたいと伝えるケースです。

人間関係の悩みはどこの職場でも遭遇するはずですので、今の職場を退職したからと言って解消できるわけではありません。

考えが甘いと一蹴されたり、むしろ説教されてしまったりする可能性すらあります。

悪い例 その③:直属の上司以外に伝えてしまう

退職そのものはできるかもしれませんが、円満とはいかず角が立つのが「直属の上司を通り越して、さらに上の役職に申し出てしまった」「同僚のウワサ話が上司の耳に入って退職の意向が伝わってしまった」といったケースです。

これは上司としての管理能力を疑われかねない事態ですので、上司の顔を潰す行為と見なされても仕方ありません。

いくら直属の上司のことが嫌いだとしても、退職の申し出は必ず直属の上司に最初に伝えるべきです。

退職に際して、ムダないざこざで神経を磨り減らさないためにも、常識的な手続きを踏むことを重視しましょう。

円満に辞められる退職の伝え方とは?

退職の切り出し方や伝え方にはテンプレートがあります。

次の手順で進めましょう。

切り出し方

直属の上司に「お話ししたいことがありますので、お時間いただけますか」とメールまたは口頭で伝える。

申し出の仕方

「転職先が決まった」など、今の職場に留まることが不可能な理由を伝える。

引き留めの回避

上司から「もう決定なのか」「気持ちは変わらないのか」とたずねられたら、迷う素振りを見せず「はい」とだけ答える。

退職日の決定

退職願を提出する前に退職日を話し合っておく。転職先の入社日が決まっている場合はその前に退職できるように設定する。

退職願の提出

退職すること、退職日の両方が確定したら、退職願を記載して上司に直接渡す。退職願に記載する退職理由は「一身上の都合」でOK。

引き継ぎ

退職までの期間でできる限りの引き継ぎを行う。逆に、この期間内で不可能な引き継ぎであれば完璧にしておかなくて大丈夫。

有給消化

残っている有給はできるだけ使わせてもらう。ただし、形だけでも上司に確認を取っておくとスムーズに取得できることが多い。

退職日

退職の挨拶などを述べる機会があれば、一般的な御礼の挨拶に留める。立ち入った話題には触れないこと(残る人をムダに刺激するので)。

退職後

ごく親しい同僚ならいざ知らず、それ以外の人とは極力連絡を取り合わないほうが望ましい。転職先で元の職場と取引がある場合は、あくまで「取引先の一社員」として関わる。一線を引いて付き合う。

事務手続きの完了

雇用保険証や離職票、退職証明書など、必要な書類が送られてきたか確認し、不足があれば催促する。退職日までの給料や退職金が間違いなく支払われているか確認し、間違いがあればすぐに問い合わせる。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top