ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




くせ毛の人がうまくヘアスタイルを作る3つのコツ

くせ毛の人がうまくヘアスタイルを作る3つのコツ

生まれつきくせ毛の人にとって、ヘアスタイルを整える毎朝の時間は「闘い」です。

とくに雨の日は、せっかく整えた髪型がすぐにもとのくせ毛に逆戻り。

髪がまとまらなくて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

くせ毛の人がうまくヘアスタイルを作るには、どんなコツがあるのでしょうか?

コツその1:テンションをかけながら髪を乾かす

髪を洗った後、ドライヤーで乾かすときに、ちょっとしたコツをつかむことで髪がまとまりやすくなります。

髪を少しずつ束にして指に挟み、適度にテンション(引っぱる力)をかけながら乾かします。

長さのある人なら、顔側に向けて適度に引っぱりながら乾かすと効果的です。

ドライヤーの風は上から当て、吹き出し口を近づけすぎないようにしてください。

こうすることで髪の表面を覆うキューティクルが整えられ、髪がまとまりやすくなるのです。

コツその2:定期的にトリートメントする

髪の傷みは、まとまりにくくなる原因となります。

毎日でなくてもいいので、定期的にトリートメントすることで髪をケアし、パサつくのを防ぎましょう。

髪をドライヤーで乾かすときは乾きにくい根本から風を当てていき、毛先側と根本側を同時に乾かし終えられるようにします。

温風を近づけすぎたり、同じ箇所に長く風を当てすぎたりすると、髪を傷めますのでやめましょう。

くせ毛の人は髪にドライヤーを当てすぎる傾向があるので、とくにトリートメントを意識的に取り入れて、ふだんから髪を傷めないように気をつけることが大切です。

コツその3:油分が多めのワックスを使う

くせが出やすいのは、髪が濡れている状態のときです。

塗れた髪は本来の状態に戻るため、もともと直毛の人はよりまっすぐになり、くせ毛の人はより強くくせが出るのです。

そのため、水分が多いジェルなどを使うと、ジェルをつけているうちにくせが戻ってしまう原因になります。

整髪料は油分が多めのタイプのものを使うのがコツです。

ワックスであれば、ツヤが出るタイプには水分が多めに入っていることがあります。

どちらかと言えばマット系の、ツヤが出にくいタイプのものを選ぶといいでしょう。

ツヤを出したいけれどもくせが出るのはイヤだ、という場合は、油分だけでできているグリスを使うのも手です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top