ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




恋愛が長続きしない意外な理由とは?

恋愛が長続きしない意外な理由とは?

彼氏や彼女ができても,数か月ですぐ別れてしまう・・・という人,いませんか?恋愛が長続きしない傾向がある人は,もしかしたら相手に嫌われやすい特徴を持っているかもしれません。まずは自分を客観的に見てみることが大切です。たとえば,こんな傾向はないでしょうか?

恋人は「自分のもの」だと思っている

「俺の女」「私のカレ」といった考え方は,一途でひたむきな思いを持っているとも言えますが,一歩間違えると独占欲が強く,相手を自分の持ち物のようにとらえている面があるとも言えます。
当たり前のことですが,人は人を所有することはできません。相手が自分の意のままにならないと不機嫌になってしまうところがある人は,恋人を自分の所有物のように考えている可能性がありますので注意が必要です。
独占欲や支配欲の強い人と付き合っていると,とても疲れます。どんなに親しい間柄でも,人にはプライベートの時間や一人で過ごすひとときが必要なものです。好きという気持ちが大きくなりすぎて相手を束縛してしまうことのないよう,気をつけましょう。

相手に依存してしまう

独占欲・支配欲と似ているようで違うのが,相手への「依存」です。自分の考えや物事の好き嫌いまで,好きな人に合わせてしまうところがある人は要注意です。こういった依存心の強いタイプの人が相手にどう映っているかというと,よくあるのは「重い」と思われているケースです。何でも判断を委ねてきたり,「あなたがいないと生きていけない」といった思い詰めたものを感じると,そこまで背負いきれないと感じてしまう人は多いのです。
誰でも,自分のことを受け入れてくれる人のことは好きになります。ただし,いくら受け入れると言っても,自分の考えや自分なりの判断ができなくなるほど相手に染まり切ってしまうと,少々異常なものを感じて「怖い」ことがあります。相手に合わせるのもほどほどに,ということです。

嫌われることを過度に恐れている

これは恋愛に慣れていない人にとても多いのですが,好きな人に嫌われてしまうことを恐れるあまり,かえって相手との間に壁を作っていることがあります。見た目上は,相手に話を合わせたり,聞き役に徹したりと好印象を持ちやすいのですが,しばらく付き合っているうちに,相手はこう気づくのです。「この人は本音で話していない」と。すると,相手はあなたとの間に距離があると感じ,あなたとの間に見えない「壁」を感じるようになるのです。
仲が良いほどケンカする,と言うように,恋愛は本音と本音のぶつかり合いですから,ときにはケンカになったり,意見がぶつかったりすることもあるでしょう。反対に,そういった場面を避けてしまうようだと,いつまで経っても相手との距離が縮まらず,表面的な関係のまま終わってしまうことがあるのです。

しつこい,融通が利かない

付き合い始めてすぐの頃は,お互いの距離が近くなり会話が増えることで,それまでは気がつかなかった相手のクセが見えてくる時期です。たとえば,LINEでやりとりすることが増えてみたら,「返信が遅かったけど,何してたの?」「今どこにいるの?」などと何度も聞いてきたり,たまたま予定が詰まっていた日に「どうして全然LINEしてくれなかった?」などと責めてくるといったように,しつこさや融通の利かなさを感じさせる一面が見えてくる時期でもあります。
あまり細かいことにこだわりが強いタイプの人や,いつもと違うというだけでパニックになってしまう人は,場合によっては「怖い」「気持ち悪い」と思われてしまう可能性があります。相手には相手の生活があり,都合があるということを考慮するようにしましょう。

大事な場面で冷たい

自分にとって「今は優しく受け止めてほしかった」という場面で素っ気ない対応をされると,一気に気持ちが冷めてしまうことがあります。こうしたことが積み重なると,感情的なすれ違いが起きやすくなり,「この人とは性格が合わない」「一緒にいて楽しくない」といったことになってしまうのです。
ただ,こればかりは無理にでも相手に合わせればいいというものでもありません。やはり,自分にとって心地よく自然な対応が,相手にとっても心地よく感じられるということが,相性がいいということのようです。相手に悪気がないらしくても,あなたにとって「冷たい」と感じるのであれば,それはやっぱり「合わない」ということなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?長く付き合いたい人とうまくいかなくなってしまうのは,とてもつらいことです。もし心がけひとつで長続きするのなら,少しだけ気をつけてみてもいいかもしれませんね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top