ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




失敗しないメンズオフィスカジュアル 5つの法則

失敗しないメンズオフィスカジュアル 5つの法則
ビシッときめたスーツスタイルもいいけれど、オフィスでは服装が比較的自由な会社も増えてきました。そこで案外多くの人が困っているのが、メンズのオフィスカジュアル。カジュアルすぎず堅苦しくもないオフィスカジュアルスタイルは、どうすれば実現できるのでしょうか。失敗しないための5つの法則をご紹介します。

全体の清潔感を優先する

男性のオフィスカジュアルで特に重要なのが、パッと見たときの清潔感です。同性からも異性からも、清潔感のない服装はブーイングされる可能性大。夏場なら、シャツのボタンを開けすぎていたり、襟口が汚れていたりすると、清潔感を欠く原因となります。冬場なら、寒いからといって重ね着をしすぎると、着ぶくれして全体にモッサリとした印象になってしまいます。
全体がうまくまとまっていて、こざっぱりしている、というのはとても重要なポイントです。シャツやパンツの色を選ぶときにも、清潔感を優先して選ぶようにするといいでしょう。

強い色や柄ものは避ける

案外やってしまいがちな失敗として、シャツの色。インパクトが強すぎる色や柄が目立つものは、あまり上品な印象を与えません。シャツだけ、パンツだけ、といったように特定の部分が目につくようなコーディネイトは、オフィスカジュアルではあまりよくないと考えておいたほうが無難です。
さらに、よく見かけるのが、ワイシャツの下に着ているアンダーウェアに柄や色のシャツを着ているパターン。とくに背中はとても目立つので、バックプリントのTシャツをワイシャツの下に着るのは避けるようにしましょう。襟口からアンダーウェアが丸見えになっているのもNG。クルーネックではなく、VネックやUネックの白色のアンダーウェアを選び、ワイシャツの上からはアンダーウェアが目立たないように工夫しましょう。

小物の色使いをなるべく統一する

オフィスカジュアルに限らず、スーツスタイルでも非常に重要なのが、小物の色使いや素材感をできるだけ統一する点です。スタンダードなものとしては、ベルトと靴の色は、同じか近いもので統一するようにしましょう。ベルトが茶色なのに靴は黒だと、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。服装に無頓着な人だと思われないためにも、小物の色と素材感はなるべく統一しましょう。
なお、色は系統がそろっていればOKです。濃い茶系、薄い茶系、といったように、大まかな色の系統が統一されていれば十分です。また、素材についても、全く同じにする必要はありませんが、たとえば光沢のある皮革とスエードのような起毛の素材を組み合わせると、バラバラな印象を与えやすくなるので注意が必要です。

「広く浅く」を意識する

男性のファッションで陥りがちな失敗が、ピンポイントで「狭く深く」こだわりを持ってしまうことです。靴だけはやけに高いものを身につけるとか、ネクタイだけはこだわりを持って選ぶといった傾向がある人は、案外多いのです。
しかし、特定のところにこだわっていても、他の人から見ると「気づかなかった」といったレベルのことだったりするのです。あまり細かいところに凝るよりは、全身がうまくまとまっているか、バランスは取れているかといった全体感を重視したほうが、よりおしゃれに見える可能性が高いのです。オフィスカジュアルはスーツスタイルに比べて自由度が上がりますので、そのぶん全身の統一感には気を配るようにしましょう。

サイズ感や動きやすさ・機能性も考慮する

シャツやパンツのサイズ感にも注意しましょう。サイズの合っていない服は見た目がよくないだけでなく、長時間着ていると疲れやすくなったり、気が散ったりしがちなのです。特に夏場はジャケットをはおらないシャツだけのスタイルのことも多くなりますので、シャツの肩の位置が合っているか確認して購入するようにしましょう。
動きやすさや機能性も、オフィスカジュアルの重要なポイントです。最近はストレッチ素材を使った服も多く見かけるようになりました。長時間着るものだからこそ、実際に試着して体を動かしてみるなどして、体にフィットしているか確認するといいでしょう。

まとめ

オフィスカジュアルには明確な定義がなく、「カジュアルすぎない服装」といった程度の共通認識しかないのが実情です。だからこそ、主張しすぎず不快な印象を与えない服装が重要になってきます。オフィスカジュアルをさらっと着こなして、ひとつ上のおしゃれを目指してみてはいかがでしょうか。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top