ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




気分をうまくコントロールするコツ5選

気分をうまくコントロールするコツ5選
すぐに怒ったり機嫌を損ねたりするようでは,大人として成熟しているとは言えません。気分をうまくコントロールするには,どうすればいいのでしょうか。ちょっとした心がけ1つでできるコツを5つ紹介します。

考え方は人それぞれと言い聞かせる

とくに対人関係でイライラしやすい人は,自分とは考え方や価値観が違う人と接するとき,「考え方は人それぞれ」と心の中で唱えてみましょう。たとえ自分にとって受け付けない考えの相手であっても,人それぞれですから,最終的にあなたには関係のないことなのです。
人は自分と似た考えや感性を持つ人に好感を持ちやすいと言われています。その傾向が強い自覚がある人は,たいていの人が自分とは異なる考えをするものであり,偶然にも似た考えの人に出会ったらラッキーぐらいの気持ちでいるようにするのです。こうすることで,あまり考え方が合わない人や,ものの感じ方が自分とは違っている人とも接することができるようになっていきます。

目の前の小さな楽しみを作る

ちょっとしたことでくよくよしてしまったり,気分が沈みがちだったりする人は,目の前の小さな楽しみを作るようにいつも心がけましょう。バスタイムに入浴剤を入れたり,観たい映画をいくつか探しておくといった,ほんの小さな楽しみを作っておくと,嫌なことがあったときにも「そういえば〇〇があった!」と思い出すことで,少し気分を上げることができるのです。
よほど好きなことがある人は,いつも同じことを楽しみにしていても問題ありませんが,たいていの場合,同じ楽しみばかりだと飽きてくるでしょう。意識的に「楽しみ」を入れかえ,自分を飽きさせないような工夫をすることも大切です。

行きたい場所や欲しいものを作る

すぐには行けないような,たとえば遠い地方や外国へのあこがれは,あわただしい日常とはまた別の時間の流れをもたらすことがあります。たとえば,海が好きな人なら,南の島にいつか行ってみたい!と思うでしょう。旅行ガイドを読むなどして,実際に行くことができたら何をしようか考えます。言ってみれば,妄想の中で旅行を計画するのです。
いつか本当に行ってみたいければ,目標を決めて貯金をしたり,少しずつ準備を始めてもいいでしょう。ふだんの暮らしに追われ,忙しさに埋もれてしまうことのないよう,ときどきふと思い出しては塑像の旅行に出かけることのできる場所を作っておくのです。ストレスを感じている人は,ストレスに真っ正面から向き合うばかりではなく,こうした心の「逃げ場」を用意しておくことも大切です。

どうでもいいと思い切ってみる

人の悩みの9割以上は,時間が解決するとも言われています。人はいつでも必ずといっていいほど悩みを抱えていますから,1年目,3年前,5年前のあなたも,何かしらの悩みを抱えていたはずです。しかし,今考えてみると,一体何に悩んでいたのか思い出せないことのほうが多いのではないでしょうか。仮に思い出せたとしても,そこまで深刻に悩むようなことだったのか,今となっては笑い話になっているかもしれません。
いま悩んでいることも,何年も経つうちに「どうでもいいこと」になっていくことでしょう。あまり深刻に考えず,いつか「どうでもいいこと」になると思ってやり過ごしてみてもいいかもしれません。

食事と睡眠をしっかりとる

人の気分は脳で作られていますが,決して脳だけが影響しているわけではありません。体の具合や健康状態も,気分には大きく影響するものです。寝不足の日や疲れている日は,つい不機嫌になってしまうことがあるはずです。反対に,よく眠った翌日は気分よく過ごせたりするものです。きちんと栄養バランスのとれたものを味わって食べ,睡眠をしっかりととることで,体の具合がよくなり気分も晴れやかになりやすくなるのです。
ただし,スタミナをつけようと食事を多量に摂りすぎたり,よく眠っておこうとして寝過ぎたりすると,かえって体の具合を悪くすることがあります。気分を良好に保つには,ほどほどの食事とほどほどの睡眠が一番です。

まとめ

いかがでしたか?5つすべてを今すぐできそうになければ,できそうなものから始めてみてもOKです。気分をうまくコントロールできるようになると,大げさでも何でもなく,本当に人生が変わることだってあるのです。安定した気分で過ごす日々を手に入れて,心穏やかにいたいものです。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top