ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




iPhone7買う?買わない?迷いがちな5つのポイント

iPhone7買う?買わない?迷いがちな5つのポイント
「あと○ヶ月で機種変の時期だけど,iPhone7にしようかどうか迷ってしまう…」,そんなことを考えている人はいませんか?iPhone7を買うべきか,やめておくべきか,迷いがちな5つのポイントについて考えてみます。

デザインがiPhone6Sとそう変わらない?

iPhone4S→iPhone5,iPhone5S→iPhone6は,どちらも割と大きなデザインの変更がありました。しかし,iPhone6S→iPhone7では先代のデザインが踏襲され,これまでのシリーズ刷新に比べると変化が感じられないものとなっています。
iPhone6Sのデザインが好きだった人は,スペックが上がってデザインはほぼ同じということで,むしろ嬉しいかもしれません。しかし,新しいデザインのiPhoneを手に入れるのを楽しみにしてきた人からすれば,iPhone7はどうしても持ちたいデザインではないかもしれません。

容量は128GBも必要なの?

これまで16GB,64GB,128GBの3タイプだったiPhoneシリーズから64GBが廃止され,32GB,128GB,256GBの3タイプへとリニューアルされました。
現在64GBを使っている人は比較的多いはずですが,半分の32GBでいいと思える人はあまりいないでしょう。そうなると,必然的に128GBを選ぶことになります。128GBというと容量が若干小さめのノートPCと変わりません。果たしてこれだけのストレージが必要だろうか?と疑問に感じる人もいるでしょう。
また,iPhoneは後からストレージの容量追加ができませんが,AndroidはMicroSDカードを使うことで容量を追加することができます。コストパフォーマンスや使い勝手の面で,Androidスマホへの乗り換えを検討する人もいることでしょう。

Suicaはカードのままで問題ない?

目玉となる新機能がないと一部で言われてしまっているiPhone7ですが,日本向けモデルではFeliCaに対応し,iPhoneとして初めてSuicaが使えるようになっています。おサイフケータイを使ったことがある人は,わざわざ電子マネーのカードを持ち歩かなくてもいい便利さを知っているので,これは魅力的に映ることでしょう。
反対に,おサイフケータイにあまり興味がない人は,「Suicaはこれまで通りカードのままでいい」と思うかもしれません。そうなると,「iPhoneでSuicaが使える」ことはあまりメリットに感じられない可能性があります。

ジェットブラックは傷つきやすい?

iPhone7の発表とともに話題になったのが,新色のブラック2色です。艶のあるジェットブラックと艶消しのブラック。特に,ジェットブラックはこれまでのiPhoneにはなかったイメージのためか,人気が集中していると言われています。
しかしこのジェットブラック,Apple公式サイトでも注意書きがある通り,傷が付きやすいのが難点です。また,艶があるだけに指紋が残りやすいというレビューもちらほら見かけます。iPhoneをどうしても裸で使いたい人は,ジェットブラックを買っていいものかどうか迷ってしまうかもしれません。

価格が高い…?

最近はスマホのフラグシップモデルが10万円に迫る価格になることがめずらしくなくなりつつあります。iPhone7も128GBが8万円台,256GBが9万円台,さらにAppleCareに入ると,やはり10万円ほどになってしまいます。
いま使っているスマホの下取りや買取をうまく使って本体代の出費が抑えられればいいのですが,丸ごと負担した上で分割で月々支払っていくとなると,毎月のスマホ代がけっこうな額になってしまうことも。
月々の料金が負担に感じるようであれば,通話プランを見直したり,格安SIMを検討するなどして,スマホにかかる月額料金をできるだけ安くするように工夫してみるといいでしょう。

まとめ

iPhoneシリーズはもともとハイエンドのラインナップですので,それだけユーザーが新型iPhoneに期待するものも大きいと言えます。iPhone7へ機種変更するかどうしても迷ったら,店頭で実機を手にとってみることをおすすめします。最終的には直感で「欲しい」と思うかどうか,なのかもしれませんね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top