ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




iPhone7への機種変で気をつけておきたい3つのこと

iPhone7への機種変で気をつけておきたい3つのこと
iPhone7の発売がいよいよスタートしました。残念ながら入荷待ちに回されてしまった人,キャリアの2年縛りが解けたら最新機種に変えようと考えている人もいることでしょう。ここで,iPhone7に機種変更するときに前もって知っておくべきことを,改めてまとめてみました。

音楽を聴きながら充電する手段

iPhone6Sまでは,Lightningとヘッドホンは別々につなぐことができるのが当たり前でした。今回のiPhone7からヘッドホンジャックが廃止されましたので,「音楽を聴きながら充電する」ための方法を確保しておいたほうがいいでしょう。
iPhone7には「ヘッドフォンジャックアダプタ」が同梱していますが,これはLightning⇔ヘッドホンジャックを変換するためのものですので,これを使うと「ヘッドフォンしかつなげない」ことになってしまい,やはり充電を同時にすることはできないのです。
【解決策その1】
Bluetoothイヤホンに乗り換える
そもそもヘッドフォンジャックの廃止はBluetoothイヤホンへの移行を見越しての変更ですから,今まで使っていた有線イヤホンからBluetoothイヤホンへ買い換えてしまえばスッキリと解決します。ただし,無線は有線に比べるとわずかに音質が劣ることがありますので,気になる人はやはり有線イヤホンにこだわるようです。
【解決策その2】
変換アダプタを購入する
Lightningを1個→2個口に変換するアダプタがサードパティから発売されています。AirPodはLightning接続ですので,このアダプタを購入しておけば給電+イヤホンを同時に使うことができます。
【解決策その3】
Lightning Dockを使う

アップル純正アクセサリの「iPhone Lightning Dock」には,Lightningとヘッドフォンジャックがインターフェースとして用意されています。つまり,このDockにiPhoneをドッキングしてしまえば,給電+イヤホンは普通に使えるということです。価格は5千円オーバーですが,デスクに座っていることが多い人や,座って音楽を聴くことが多い人は買っておいて損はないでしょう。

モバイルSuicaとの違い

iPhone7で大きな話題を呼んだのが,Appleのプロダクトとしては初のFeliCa搭載でした。これにより,おサイフケータイのようにSuicaを使うことができるようになったわけです。
ただし,気をつけておくべきこともあります。iPhone7でSuicaを使う場合,あくまで手元にSuicaを持っていることが前提になっていて,そのSuicaをiPhoneへ移行するという扱いになります。SuicaをiPhoneへ移行した時点で,手元にあるSuicaは使えなくなるので注意が必要です。
Androidスマホやガラケーに搭載されていたおサイフケータイは,モバイルSuicaに対応しています。モバイルSuicaは単体でSuicaと同等の機能を持ちます。つまり,カードのSuicaから「移行する」という考え方ではないのです。同様に,モバイルSuicaは複数の端末で使用することができますが,たとえばiPhoneとAppleWatchの両方にSuicaを入れることはできません。どちらか一方だけとなります。つまり,Suicaを移行した端末を紛失してしまうと,元のカードのSuicaを使うこともできず,困ったことになってしまうので十分注意しましょう。

完全防水ではない

iPhoneシリーズで初の防水機能が実現したことも,iPhone7の大きな特徴です。防水規格はIP67で,これは日常生活の通常の使用,たとえばシャワーの飛沫などが機器の内部に入ることはないという基準を満たしていることになります。
ただし,注意しておきたいことが1点。Appleは公式サイトで「水濡れによる損傷は保証の対象になりません」と断っています。つまり,防水とは言いながらも,水没で故障した場合の対応はこれまで通り対象外となるということです。
また,IP67はあくまで日常生活を想定した防水規格です。海水や熱湯といった,日常の範囲を超えるシーンでの防水については保証していません。この点にも注意しておいたほうがいいでしょう。

まとめ

何かと話題のiPhone7。事前にしっかりと調べて,買ってから「知らなかった」といったことがないようにしたいものですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top