ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




どういうわけかモテない!? その意外な理由とは?(男女別)

どういうわけかモテない!? その意外な理由とは?(男女別)
ルックスが特別悪いわけでもないのに,どういうわけか彼氏や彼女がなかなかできない。そういうことは,けっこうあるものです。実は,意外なところにモテない原因が潜んでいたりします。異性にとって「恋人にはなれない」理由がどこにあるのか,見ていきましょう。

【男性編】

恋愛に興味がなさそうに見える

あっけらかんとしているように見える人や,趣味に夢中なタイプの男性に対して,「この人とは恋愛関係にはならなそうだ」と無意識のうちに感じてしまう女性は案外多いようです。ぶっきらぼうな話し方をする癖のある人や,ふだんからノリのいい人などは,女性と一対一で話すときには喋り方に気を配るようにしましょう。
女性はまず,「私に興味を持ってくれているかどうか」を鋭く見抜きます。自分のことにしか関心がなさそうな男性は,初めから恋愛の対象外にされてしまう可能性があるのです。

いかにも彼女がいるように思える

彼女がいない人でも,なんとなく彼女持ちのように見える,という人がいます。ものすごくイケメンというわけではなくても,女性の扱いに慣れているように見えたり,余裕のある対応ができる人ほど,「もしかしたら彼女がいるのかも」と思われる可能性大です。
気になる相手に対しては,さりげなく「今は彼女がいない」という事実を伝えることも重要です。

どことなく頼りない

いざというとき頼れそう,というのは,女性が求める男性像の1つと言えるでしょう。ふだんから優柔不断だったり,大事な場面で尻込みしてしまうようだと,「この人なんだか頼りない」と思われてしまい,恋愛の対象から外されてしまいかねません。
女性は男性の懐の深さや器の大きさをけっこうよく見ています。気遣いができるというのと,細かいことにこだわるというのは全く違う次元のことですので,どっしりと構えて,堂々とした態度を示す場面も欲しいところです。

何を考えているのか分かりにくい

いわゆる「不思議」な感じの人は,一歩まちがえると「不気味」「気持ち悪い」と思われてしまいがちです。人と違った考え方をする男性は,案外仕事で成功したりするのですが,恋愛の段階でそこを見抜く女性はむしろ少数派。最初は無難で普通っぽい感じの人のほうが好かれやすい傾向があります。
何を考えているのか分かりにくいと言われたことがある人は,気になる女性に対しては自分の話よりも,相手の話を聞くことに徹したほうが失敗が少ないでしょう。二人の間に「共感」が生まれることで,徐々にあなたのことも理解してくれるようになるはず。まずは相手のことを理解しようと努めることが大切です。

【女性編】

彼氏が欲しそうに見えない

本人は彼氏が欲しいと思っていても,周囲には「男友達で十分」と考えているように映ってしまう。そういう女性は少なからずいます。はっきりとものを言えるしっかりしたタイプの人や,仕事ができる人に対して,男性側が勝手にそう思ってしまうパターンが多いようです。
無理に彼氏が欲しいそぶりを見せる必要はありませんが,気になる相手に対しては「付き合っている人がいない」ことを遠回しに伝えてみましょう。

サバサバしすぎていて男っぽい

サバサバした性格の女性は,実は男性から人気があります。しかし,いざ口説こうとしたり誘おうとしても,スキがないように見えるのもこのタイプ。恋愛モードに入ろうとすると,「ちょっと,何言ってんの?」などと,おちゃらけて笑われてしまいそうな感じがするようなのです。
気になる相手に対しては,意識的にその人のことを頼りにしていることが伝わるようにするといいでしょう。男性も,ふだんとは違った一面を見ると心が動くものです。

会話のテンポが不思議すぎる

男性が内心では「かわいい」と思っていても,いざ話してみると会話がギクシャクしてしまう女性がいます。話し方が独特だと指摘されたことがある人は要注意です。会話のテンポは,相づちや会話の「間」といった,ちょっとしたところで差がつくものなのです。
最初は話し方が特徴的と感じても,慣れてくれば気にならないものです。少し時間をかけて自分のことを理解してもらうように努めましょう。焦らないことが大切です。

近づきがたい雰囲気がある

どことなく,男性が近づきがたいタイプの女性です。何となくイメージできるでしょうか。男性は,知らず知らずのうちに女性に母性を見出しているところがあります。一緒にいて安心できるとか,気持ちが安らぐといったことも,母性を感じる上では重要な点なのです。
自分では意識していなくても,ついとげとげしい言い方をしてしまうことがある人や,ずけずけとものを言ってしまうところがある人は,意識して抑えたほうがいい場合もあります。母性を通り越して,「オカン」を感じさせない工夫も必要なのです。

まとめ

いかがでしたか?「たったそれだけのことでモテないの?」と思ったものもあったのではないでしょうか。しかし,「この人と付き合いたい」と「この人は無理」の境界線は,実はけっこう微妙なところだったりするのです。気になる人からちょっとしたことで好意を持ってもらえるのなら,気をつけておきたいですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top