ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




ネガティブ思考を直すために試したい5つの思考法

ネガティブ思考を直すために試したい5つの思考法

意外に多い「実はネガティブ」

自分の性格が好きになれない人は、実は驚くほど多いものです。身の回りに、いつもポジティブで笑顔に溢れている魅力的な人がいませんか?誰から見ても前向きで自信に溢れているように見える人でも、本当は人知れず悩みを抱えていることだってあるのです。

ネガティブな性格は変えられる

人の性格というものは、そう簡単に変えられないと思っていませんか?性格は幼い頃からの積み重ねで形作られたものなので、大人になってから変えるのは無理!と思い込んでしまっていないでしょうか。
実は、(少なくとも他人から見た)性格は変えることができます。ほんのちょっとした心がけや考え方1つで、あなたの性格は変えられるかもしれません。ここでは、ネガティブな性格を直すために役立つ5つの行動や考え方を紹介します。

ただの思い込みかもしれないと考えてみる

「失敗したらどうしよう」「自分は本当は嫌われているのでは」といったネガティブな考えが浮かんだとき、心の中では「そうだ、そうに違いない」という方向へ思考を向かう力が働きやすくなります。なぜなら、どうにかして解決したり、状況を良くしようと力を尽くしたりするよりも、ネガティブな思考の流れに身を任せていったほうがラクだからです。
ところで、「失敗したらどうしよう」とか「自分は本当は嫌われているのでは」といった考えには、どの程度の根拠があるのでしょうか。一度落ち着いて考えてみると、大した理由もなく落ち込んでいたかもしれないと思えてくることも多いのです。
生真面目な性格な人ほど、「~しなくてはならない」「こうあるべきだ」といった考え方をする傾向があるので、自分の思うように物事が進まないと、自分を責めてしまうことが多いようです。しかし、そういった考えはそもそも思い込みでしかないかもしれません。もし「理想と現実」に思い悩みそうになったら、その「理想」はただの思い込みに過ぎないかもしれないよ?という一言を、自分の中でつぶやくようにしてみましょう。それだけのことで、意外にスッとラクになることだってあるのです。

意識的に前向きな言葉に変換する

言葉は「心」に作用します。たとえどんなに簡単なことでも、「失敗するのではないだろうか」と思っていると、行動まで「失敗」の方向へ引っ張られてしまいます。ポジティブに近づくには、まずはポジティブな言葉を意識するのが近道なのです。
しかし、言葉がただの演技になってしまっては意味がありません。つまり、自分の中で意味もなく「頑張ろう」とか「きっとうまくいく」といった突拍子もない言葉をつぶやいてみても、それらの言葉はあなたの「心」に届かないのです。
そこで効果的なのが、ちょうどネガティブな言葉が浮かんだときに、意識的にそれらを前向きな言葉に「変換」することです。たとえば、「全然終わらない」は、「さっきよりは進んだ」に。「認めてもらえない」は「どうすれば認めてもらえるだろう」に。初めは少々無理をして意識的に「変換」する必要がありますが、何度も繰り返しているうちに習慣化し、ごく自然に前向きな言葉への変換ができるようになります。

「失敗しても大したことはない」と考える

失敗した場合のことを想定しておくのが必要な場合もありますし、失敗しないように慎重に物事を進めるのも大切なことなのですが、失敗を恐れるあまり失敗したときのことばかり考えるのはよくありません。心配性の人や、慎重にものを考える人ほど、失敗を怖がる傾向があるようです。
失敗したときのことばかり考えてしまう人は、一度あえて大ざっぱに考えて、心配していることを吹っ切ってしまうようにしましょう。「失敗したって、大したことなどない」「命まで取られるわけじゃない」と少々強引に思い切ってしまうと、思考に幅が生まれます。単に「失敗してはならない」と思い込まされていた脳が、「失敗しても問題ない」といったん許されることによって、不安の逃げ場となる空きスペースができるのです。一見、余裕があるように見える人は、実はこういった考え方をしていることがあります。

ポジティブな人の真似をする

ネガティブな性格を直したいと思っている人は、ポジティブな性格の人に憧れたり、羨ましく思ったりするはずです。身近にそういう人がいれば、発言や行動を少しずつ真似するようにしていきましょう。ポジティブな人がポジティブに見えるのは、言葉や行動がポジティブだからです。その言葉や行動を真似ていけば、思考までポジティブに変化していきます。それは順序が逆なのでは?と思うかもしれませんが、考え方や感情は発言や行動にかなり影響を受けています。言葉や行動を変えることで、考え方やものの捉え方も変わりやすくなります。
もし身近に憧れるようなポジティブな人が見当たらなければ、好きなミュージシャンやアスリート、あるいは経営者などでもいいのです。自分がイメージする「その人の考え方」を想像しながら、「この人だったら、こういう場合どう考えるだろう?」と自問自答することに意味があるのです。ネガティブな考え方からポジティブな考え方へと変えるのは、一種のトレーニングのようなものです。トレーナーにあたる人を自分の中で設定し、トレーナーから教えてもらうつもりで、ポジティブな考え方をするヒントをつかんでいくようにしましょう。

「自分はネガティブだ」という考えを忘れる

世の中には、自分はネガティブなほうだと考えている人が驚くほどたくさんいます。一見するとポジティブで自信に溢れている人であっても、本当は人に言えない悩みを抱えていたりするものです。そう考えると、ネガティブな考えを持つこと自体は特別なことでもなければ、完璧にポジティブな人というのも想像の産物に過ぎないのかもしれないことが分かってきます。自分はネガティブな人間だ、というのが、そもそも思い込みに過ぎないのかもしれないのです。
そこで、「ネガティブな自分」について考えるのを、しばらく忘れてみてはどうでしょうか。人間をネガティブかポジティブかで2つに分けることなどできません。ネガティブな考えが浮かんでしまったとしても、その時はたまたま良くなことを考えただけなのかもしれません。自分はネガティブな人間で、周囲の人からもそう思われている、と考えるのをやめてみましょう。日頃お世話になっている人たちやこれから出会う人たちと比べて、自分のほうがネガティブだと信じ込むのをやめましょう。ネガティブかどうかを軸に考える癖がついているから、ますますネガティブになっていくのです。ネガティブという言葉そのものを、しばらく忘れてみましょう。

まとめ

いかがでしょうか。「そんなに簡単にいかないよ」「そうは言っても、自分は本当にネガティブなんだ」と思う人もいるかもしれません。初めから全てを実践できなくても、少しずつ意識していくことが大切です。最後にもう一度。ネガティブな性格は直せます。性格は変えられます。一歩一歩、変えていきましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top