ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




好感度アップに必須!LINE返信の5大鉄則

好感度アップに必須!LINE返信の5大鉄則
コミュニケーションツールとしてすっかり定着してきたLINE。ごく親しい相手ならそれほど気を遣わなくても,知り合ったばかりの人や,恋愛対象として気になっている人とのやりとりには,なかなか神経を使うものです。好感度をアップさせるためにも,必ず押さえておきたい5つの鉄則をまとめました。

1.スタンプを多用しすぎない

LINEスタンプはコミュニケーションに役立つことも多いのですが,使いすぎると逆効果になることもあります。トーク画面上に大きく表示されるため,スタンプを多用したり,連投したりすると,かなり「くどい」印象になってしまうのです。また,スタンプだけのメッセージが返ってくると,自分の言葉で答えていないことになり,相手に軽んじられているような印象を受ける人も少なくありません。
スタンプは,料理で言えばスパイスのようなもの。スパイスだけを食べ続ける人がいないのと同じように,スタンプばかりを送られて嬉しい人はあまりいません。スタンプは,会話のアクセントとしてときどき使う程度に留めることを心がけましょう。

2.適度に時間を置いて返信

既読から返信まで間が空きすぎるのも良くありませんが,かといってあまりに返信が速いと,「この人,他にやることないのかな」「いつもスマホばかり弄ってそう」といった悪い印象を与えることがあります。第一,返信がわずか数秒で送られてくるようなことが続くと,多くの人は気持ちの面で疲れてくるのではないでしょうか。
特に好きな人や気になる人であれば,即返信してばかりいると必死さが伝わってしまったり,軽い人のように見られてしまったりする可能性もあります。即レスばかりにならないよう,適度に時間を置いて返信するようにしましょう。

3.連投や長文の返信はしない

話し好きの人や,相手に好意を持っている場合などは,ついついあれもこれも伝えたくなり,連投してしまうことがあります。また,聞いて欲しいことが多いときは,長文を送ってしまいがちです。
LINEはEメールとは違い,短い会話を重ねていくことに楽しさがあります。長々とした返信が送られてきたら,「重い」「次も長い返事がきそう」と思われてしまうでしょう。ふだんからやりとりをしている相手だと,短いメッセージでも不思議と感情が伝わったり,考えていることが何となく分かったりするものです。相手がじっくりと読み込まなくては書かれている内容が分からないような長文は避け,「会話」のやりとりになるように気をつけましょう。

4.良い意味でユルく

LINEの機能はシンプルですが,それでも使う人によって返信のタイミングなど使い方に違いが出てきます。自分にとって心地よいペースで返信が来ないとか,自分としてはもっと違った言い方をして欲しかった,といったことがあっても,必要以上に気にしないユルさも大切です。
特にLINEグループでは,人数が多くなってくると全員が均等にやりとりをすることが難しくなってきます。周囲のペースに合わせる余裕を持ち,自分の感覚や考えとの違いを気に病まないようにしましょう。

5.返信の催促はしない

既読から時間が経っても返信がないからといって,「いま何してる?」「もしかして忙しい?」などと,返信を催促するような言い方をするのはNGです。返信を催促されたとたん,「やりとりが苦痛になってきた」「監視されているような気分になった」「気持ち悪いと思った」といった,ネガティブな感情を持ち始める人が多いからです。
相手にも事情があって,返信が遅れたり忘れてしまったりすることもあると割り切りましょう。たとえば,何かに熱中しているとスマホの存在を忘れて打ち込んでしまうようなタイプの人もいるのです。気長に待ったり,別の機会に改めてやりとりをする,といった気持ちの余裕を持つことも大切な心がけなのです。

まとめ

LINEはシンプルなツールですので,使い方によっては相手に誤解を与えたり,印象を悪くしてしまったりすることがあります。上の1~5の「鉄則」は,ごく常識的なことばかりですが,共通しているのは相手のことを考えてやりとりをするという点です。次に会って話したとき,LINEのやりとりの続きが自然と話題に挙がるような,自然なやりとりができるとベストですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top