ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




スマホやデジカメで撮った写真の便利な整理方法トップ5

スマホやデジカメで撮った写真の便利な整理方法トップ5
スマホやデジカメで撮った大量の写真,どのように整理していますか?大切な写真が全て消えてしまった!などということにならないようにするためにも,保存方法はきちんと決めておく必要があります。ここでは,写真の保存と検索性の両面から,便利な整理方法をランキング形式でまとめました。

第5位:プリントサービスを利用する

スマホやデジカメで撮った写真を,わざわざプリントするなんて…,と思う人もいることでしょう。しかし,紙で残しておくのは,案外あなどれない便利な整理術だったりするのです。
デジタルデータの弱点として,どのぐらいの写真を保存しているのか,分量の実感が湧きにくいところがあります。「~GB」と表示されるデータ量を見て「このぐらいの量だ」とすぐにピンとくる人は問題ありませんが,多くの人にとって,紙の写真がガバッと溜まっているほうが,写真を撮りためている!という実感が湧くのではないでしょうか。
紙の写真は,アルバムを手作りしたり,コメントを手書きしたりする楽しみもあります。特に年配の方々にとっては,画像をメールに添付するよりも,印画紙に焼いた写真を添えて手紙を送るほうが喜ばれることも多いのです。

第4位:DVD-Rにデータを焼く

DVD-Rのようなメディアにデータを保存しておくのは,原始的なようですが堅実で信頼性の高い保存方法と言えます。傷や汚れには弱いものの,きちんとケースに入れて保存しておけば,画像を劣化させることなく残しておくことができます。
たいてい,DVD-Rに焼くとなれば,ある程度は写真を取捨選択するでしょうから,「〇枚撮りためたらDVDにする」「〇ヶ月に1度はDVDに保存する」と決めておくと,定期的に写真整理をするきっかけにもなります。

第3位:ハードディスクに保存する

万が一のときにそなえて写真のバックアップをしたい人や,大量の写真を保存しておきたい人は,ハードディスクに写真を保存しておくのが便利です。最近は1TBを超える大容量のハードディスクの価格も下がってきていますので,ハードディスク内に月ごと,年ごとにフォルダ分けして保存していくと,写真を探しやすく便利です。
注意しておきたいこととして,ハードディスクは衝撃や磁気に非常に弱いため,落としたり強い磁気を近づけたりすると,データが失われてしまう危険性があります。ハードディスクの取り扱いには十分注意しましょう。

第2位:写真管理アプリを利用する

アルバムを作成したり,写真にタグを付けて保存しておいたりといった管理を手軽にできるスマホアプリがたくさんありますので,自分に合った写真管理アプリを利用するのも手です。
アプリを利用する場合に気をつけておきたいことが2点あります。1つは,無料で使えると謳っているアプリであっても,利用し続けるためには料金が必要になる場合があることです。無料で使える容量に制限があったり,無料期間が設定されていたりといったことがないか,事前に確認しておきましょう。2つめとしては,アプリそのもののサービスが終了してしまうと,写真の管理を保証してもらえないかもしれないことです。結局のところ,自分で何かしらのバックアップをしておく必要があることは覚えておくようにしましょう。

第1位:クラウドストレージをフル活用する

GoogleDriveやDropBoxといった,クラウドストレージサービスを利用すると,スマホと連携して自動的に写真をバックアップしてくれますので,非常に便利です。また,自動的に写真を選別してアルバムを作ってくれたり,写真を元に短い動画を自動で編集してくれたりといったサービスを提供していることもあります。自分でハードディスクを用意したり,定期的に写真をバックアップするのが面倒な人にとっては,とてもありがたいサービスと言えるでしょう。
注意しておきたい点としては,何らかのトラブルで保存した写真が消えてしまった,といったことになった場合に備えて,複数のクラウドストレージに写真をバックアップしておくようにしましょう。なお,保存している容量が増えてくると有料プランに移行する必要が出てくることもありますので,何GBまで無料で使えるのか事前に確認しておき,ときどきあと何GB残っているのか確かめるようにするといいでしょう。

まとめ

写真をよく撮る人にとって,撮った写真の整理は悩みの種になりやすいものです。無理なく長く続けられそうな保存・整理の方法を見つけて,大切な写真をスマートに管理しましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top