ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




今日から実行!着実にお金が貯まる3つの習慣

今日から実行!着実にお金が貯まる3つの習慣
できれば貯金したいけれど、なかなかお金が貯まらない…。そんな悩みを持っていませんか?お金を貯めるためのノウハウなどを読むと、「毎月、強制的に貯金する」と書かれていたりしますが、それができれば苦労しない、という人も多いのでは。ここでは、今日からすぐに実行できる「着実にお金が貯まる習慣」をご紹介します。

飲み物にかかる費用を見直す

お金が貯まらない人の特徴として、小さな出費を軽視しがちなことが挙げられます。一例としては、仕事や外出先で飲むペットボトル飲料です。水やお茶を携帯する習慣のある人は、毎朝飲み物をコンビニで買っていないでしょうか。たかが140円程度なら大したことはない、と思っていませんか?1ヶ月、1年、10年といった長いスパンで考えると、毎日のちょっとした出費が積もり積もって大変な金額になっていくのです。
ペットボトル程度の容量の水筒を持ち歩き、自宅でお茶を沸かすようにするだけで、毎日140円を節約できます。月に20日間出勤する人なら1ヶ月で3000円弱、1年で3万円強、10年間でなんと30万円以上も節約することができます。ほんのちょっとした手間を惜しまないだけで、着実にお金が貯まるのです。浮いたお金を貯金箱に入れていくようにすれば出費自体は変わりません。コツコツと貯めていくことが大切です。

ランニングコストを見直す

月々の出費で節約効果が大きいのが、スマホや公共料金です。
・スマホの通話プランは自分にとって最適なものに加入しているでしょうか。
・あまり使っていない有料アプリに月額課金していませんか。
・電気の契約アンペア数は、使用量に対して大きすぎるプランで契約していませんか?
・契約内容をよく覚えていない生命保険や医療保険に加入したままになっていないでしょうか。
・通勤定期は、3ヶ月分や半年分をまとめて購入することはできませんか。
・省電力設計でない古い家電を使い続けていませんか。
・大して読まない雑誌や新聞を定期購読していませんか。
・忙しくてテレビを見る時間がないのに、CSやBSに加入し続けていませんか。
こういったランニングコストを書き出し、見直せるものは見直していくと、場合によっては結構な額を削減できることがあります。月々必ずかかるものであれば、年間の節約効果は確実に期待できます。特に公共料金をクレジットカード払いにしている人は、お金を支払っている意識が希薄になりやすいので、必ず明細で料金と内訳を確認し、使用料などをスリム化できないかを1つ1つチェックしていきましょう。

自分へのごほうびに散財しない

これはなかなか注意が必要なのですが、せっかくコツコツと節約しても、定期的に「自分へのごほうび」と称してパーッとお金を使ってしまう人がいます。へたをすると、何ヶ月も積み上げてきた節約の努力が、一度の「ごほうび」のために台なしになってしまうことも。
お金をかけることが幸せ、という価値観から、そろそろ卒業しましょう。わざわざ高いものを買わなくても、充実感や幸福感を味わうことができるのです。スポーツで体を動かしたり、信頼できる人と本音でじっくりと話し合ったりといった、気持ちがすっきりする方法を考えましょう。
反対に、長い目で見たときに、自分にとって必ずプラスになると思えるものには積極的に投資しましょう。その場でお金を費消してしまうのではなく、将来より大きなリターンを得るために、自分に投資するのです。そういった感覚でお金を捉えることができるようになると、使うべきところと使うべきでないところをうまく見分けられるようになっていきます。

まとめ

貯金はすぐには貯まりません。だからこそ、コツコツと積み上げる努力が重要になってきます。貯まった額が分かるように書き留めていくなど、貯金そのもののモチベーションを保てる工夫をしていくのも効果的です。上手に節約をして、少しずつ、しかし着実に貯金を増やしていきましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top