ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




効果大!カラオケをレベルアップさせる5つのテクニック

効果大!カラオケをレベルアップさせる5つのテクニック
カラオケをうまく歌えるようになりたい!と思っても、何から始めたらいいのか分からないという人は案外多いのではないでしょうか。突然プロの歌手のように歌うのは難しくても、ちょっとした工夫や練習でカラオケをレベルアップさせることは可能です。すぐにできる工夫や、すきま時間でできる簡単なトレーニングについて紹介します。

体を動かしてリズムを取る

歌のうまさと言うと、どうしても音程を気にしてしまいがちですが、音程と同じぐらい重要なのが、実はリズムです。曲を覚えたはずなのに歌い出しがうまくいかないタイプの人は、もしかしたら曲のリズムがつかめていないのかもしれません。
タイミングよく音程を切り替えて歌えると、聴いている人も心地よく聴くことができます。曲のリズムとずれることなく歌うには、曲の拍に合わせて体を動かすのが一番です。表立って体を動かすのが恥ずかしければ、たとえば足の指の先でこっそりリズムを取るだけでもOKです。
リズムを取りにくいと感じたら、特にドラムのビートに集中して曲を聴いてみると効果的です。ドラムをよく聴いてリズムを合わせることで、リズムを取りやすくなっていきます。

歌詞とリズムをセットで覚える

歌詞がはっきりと聞こえる歌は上手に聞こえます。しかし、歌詞がうまく入りきらなかったり、原曲のようにきれいにメロディに乗らないといった経験をしたことはないでしょうか。これは、歌詞を区切る位置や息つぎのタイミングがつかめていないために起こる現象です。
曲のリズムを確認しながら、そこへ歌詞がどのように乗ってくるのかを把握しましょう。特にテンポの速い曲や、メロディに対して歌詞の語数が多い曲を歌う場合には、前もって歌詞とリズムをセットで確認しておくと効果的です。

自分が歌えるキーと音域を把握する

歌がうまい人の条件として、歌える音域が広いことが挙げられます。特に高音域をサラッと歌いこなせるとスマートですが、実はプロの歌手でも音域がそれほど広くない人はいるのです。
では、プロではない一般の人はどうするかというと、自分が歌いやすいキーと、自分が無理なく歌える音域を把握し、その範囲内で歌える曲をレパートリーにしてしまえばいいのです。無理なく歌えるキーや音域の曲が見つかったら、同じ歌手やアーティストの曲も覚えていくとレパートリーが増やしやすくなります。

テンポを落として練習する

音程を正確に歌いこなすには、一音一音を狙い通りに出せているか、確認しながら歌う必要があります。そのためには、原曲よりもずっと遅いテンポで練習するのが効果的です。テンポを落とすと、ひとつひとつの音を伸ばし気味に歌うことになります。こうすることで、音の移動が正確にできているか確認しやすくなるだけでなく、音を長めに伸ばすことで発声の練習にもなります。
カラオケ機器にはキーの他にテンポを調整する機能も付いていますので、テンポを最も遅い状態にして練習してもいいでしょう。また、わざわざカラオケ店へ行かなくても、鼻歌でゆっくりと歌うだけでもいいのです。原曲通りのテンポではよく分からなかった自分の弱点や、音程を取りにくい箇所がよく分かるはずです。

声がよく出る発声法を覚える

よく「声を出すには腹式呼吸の練習をするといい」と言われます。もちろん、腹式呼吸ができたほうが大きな声が出るのは間違いないのですが、マスターするには練習が必要です。また、喉で歌う癖がついている人は、無理に大きな声を出そうとすると喉を傷める危険性があるので注意が必要です。
カラオケのマイクを通しても声が響かない人は、マイクを通さなくても声が響いていないことが多いのです。マイクを通さなくても響く声とは、自分の鼻腔(鼻の奥にある空間)や頭部全体に声を共鳴させることができていません。これを鼻腔共鳴といい、ボイストレーニングでは必ず教わるものです。自分が最もラクに出しやすい音程(地声と同じかやや低いぐらいの音)を長く伸ばしながら、喉の奥をあくびをするときのように広げていきます。喉と鼻がつながっているあたり(風邪を引いたときに違和感がある部分)に声が響く感覚をつかんだら、その声の出し方を繰り返し練習します。慣れてきたら、やや高い音から高域の音へと少しずつ音域を広げていきましょう。
マイクを通さなくても声を響かせることができれば、マイクを通したときの声に張りが出て聞きやすくなります。カラオケへ行かなくても、車を運転しているときなどにも気軽に練習できるので、鼻腔共鳴の練習はおすすめです。

まとめ

せっかくカラオケへ行くなら、自信を持って気持ちよく歌いたいですね。普段から音楽を聴くときや鼻歌を歌うときに、これらのテクニックを意識しておくと、着実にカラオケがうまくなっていくはずです。楽しく練習して、うまくなっていくのを実感していきましょう。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top