ライフハック堂

今日から使えるライフハック集




聞き上手になるための3つのキーワード

聞き上手になるための3つのキーワード
「話し上手は聞き上手」ということわざがあります。話して楽しかった!と思われる人は、話が面白いだけでなく、聞き上手でもあることが多いものです。どうすれば相手の話を上手に聞くことができるか、特に大切な3つのキーワードに絞って見ていきましょう。

1.興味を持って聞く

聞き上手になりたい!という人は、話す相手の気持ちを考えて気を遣いすぎる傾向があります。「相手に気分よく話してほしい」「話していて楽しかったと相手に感じてほしい」という気持ちは大切ですが、実はこれらの感情は、「自分が嫌われたくない」といった気持ちの裏返しだったりします。
会話が盛り上がるのは、共通の趣味や関心事について話しているときです。こういう場合、相手の話を聞いているようでいて、実は相手が自分と同じことを考え、自分の考えに共感していくれることに対して喜びを感じているのです。つまり、結局ところ興味関心の対象は「自分」だったりするのです。
聞くのが上手でない人に共通しているのは、相手の話に関心がないと判断するまでの時間が極端に短いところです。「この話には興味がない」「だから聞いても仕方ない」「この話、早く終わらないかなあ」などと感じて、いい加減な相づちを打ってしまったこと、ありませんか?
聞き上手な人は、相手の話に初めは興味がなくても、「何か面白いことはないだろうか」と探しながら聞いています。言いかえれば、「興味」を自家培養できるのです。もしかしたら面白い話が聞けるかもしれない、この話はどういう展開になるのだろう、なぜこの話題を振ったのだろう、といったように、自分から興味を作り出して聞いていると、いつの間にか本当に話に引き込まれていくのです。まずは、相手の話に興味を持つハードルを意識的に下げてみましょう。

2.損得勘定を意識して聞く

損得勘定と聞くと、まるで得にならないことは一切聞きたがらない人のようですが、実はそうではありません。聞き上手な人は、会話の相手を尊重しつつも、自分にとって得になる話がないか、どこかに有益な情報はないか、「得」の部分を無意識に探りながら話を聞いています。
反対に、自分が話してばかりいると、自分がすでに知っていることについて相手に伝える情報量のほうが多いことになりますので、損得で言えば「損」ということになります。これと同じように損得で考えたとき、自分が話し続けるよりも、相手の話を聞いているほうが圧倒的に「得」なのです。
たくさんの人の話を上手に聞くことができれば、人と話すたびに知識や見聞が増えていきます。すると、自分の中の知識の引き出しが増えていきますので、さまざまな話題に的確な受け答えをすることができるようになります。その結果、さらに聞き上手になり、いっそう知識も増えていくわけです。
自分の話ばかりする人は、その場では気分よく話していても、長い目で見るとかなり損をしています。人の興味関心はよほど意識していないと広がりませんので、自分のことばかり話していると興味関心も偏っていきます。人の話を聞かないと新しい情報や自分が今現在関心を持っていないことについての情報も入ってきません。その結果、さらに聞き下手になり、知識もさらに偏ってしまうのです。
このように、損得勘定で考えると「聞くこと」のメリットが大きいことが理解できます。相手の話をよく聞くことが、回り回って自分の財産になることを知れば、話をよく聞こうと心がけるようにもなるのです。

3.常にトレーニングと思って聞く

今まで聞き下手だと自覚していた人が、急に聞き上手になるのは難しいものです。心がけていても、ついつい自分が話しすぎてしまったり、興味のない話題を聞き流してしまったりといった失敗をすることもあるはずです。
会話は、上手になりたいと思う人が上達します。これは、上手になりたいと思っている人が全員上手になれる、というのとは違うのです。会話が上手になりたいと考えている人はとても多いのですが、その中でも聞くことの重要性に気づいて意識して聞き役に回ろうとする人がいます。そして、日々の会話の中で、上手な聞き役になることを意識して努力している人が、本当に聞き上手になっていきます。初めから社交性があり、会話が驚くほど上手な人は、むしろ少数派です。聞き上手の人の多くは、過去の会話で失敗を重ねながら、少しずつ努力を重ねていった人たちなのです。
ちょっとした日常会話で、聞き役に回った割合を意識してみましょう。「さっきはしゃべりすぎた」「もっと相づちを打つべきだった」といったように、聞くための「技術」を向上させることに集中するのです。こうすることで、日頃の会話がすべてトレーニングとなります。トレーニング後(つまり会話が終わった後)には、必ず自分で数秒間の反省会をしましょう。このようにして、地道な努力を続けていくことで聞き上手に近づくことができるのです。

まとめ

ときどき「自分は話し下手だから」と言う人がいます。喋りが急に上達することは難しくても、人の話を聞く技術を高める努力であれば、今日からすぐに始めることができます。まずは相手が何を話しているのか、どんな情報を与えてくれるのか、興味を持って聞くことから始めてみましょう。地道に続けていくことで、気がつけば人の話を聞くのが楽しくなっているかもしれませんよ。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)




Return Top